リップの色でわかる、あなたの性格診断

「人間は中身」とは言っても、見た目からその人がどんな性格なのか、なんとなく見えてくるのも、事実。

人それぞれこだわりがあるメイクのなかでも、顔の印象をがらっと変えちゃう口紅の色選びは、その人の気持ちを反映しちゃうポイントのひとつですよね。ローマ出身のライターGiovanna Boldriniさんが「Little Things」で書いたのは「口紅の色からわかる性格診断」について。色でその人の性格がわかったり、逆にその色が持つパワーを得られるそうです。

01.
鮮やかなレッド
→自信のある情熱家

02a6bdf60fda9e923d90946d5fba1a142a6ddda1

大胆な赤色を選ぶことができるのは、自信の表れ。

情熱的で、人から褒められるのが好きで、セクシーって思われてもまったく問題なし。

もし自信が持てない人は、真っ赤な口紅に挑戦してみることで自分を変えるきっかけになるかも。

02.
モーヴ
→計画性と忍耐強さ

82c4eb4c7f2835f5e809ed163f71868bbe78c39b

口紅ではよく見かける、グレーがかった薄紫色のようなモーヴを選ぶ人は、派手さはないけど、自分のやることをちゃんと分かっている人。急いで決断をするよりも慎重に考えて計画を立てる、計画性と忍耐強さを持っています。

誰かを説得しなければいけないようなシチュエーションでは、モーヴのリップが活躍してくれるでしょう。

03.
落ち着いたレッド
→謙虚

D9ea4588d333ee47907773c146c8952b3a718b5d

落ち着いた赤を選ぶ人は、謙虚な心の持ち主。自分が注目の的になるよりも、少し輪から外れて見ているほうが落ち着くタイプです。

普段は静かで多くを語りませんが、決してつまらない人ではありません。このタイプの人を深く知るには時間がかかるだけです。

普段はこの色を選ばないという人へ。最初のデートで落ち着いたレッドを選ぶと、相手に「私がどんな人かは、時間をかけて知ってくださいね」というメッセージになるかも。

04.
ピーチ
→優しくて寛大

C679178427c929970ed561ac712cd8a483a0f4b2

ピーチの口紅を選ぶ人は、優しくて寛大な心の持ち主。家族や友達のことを気にかけて、自分の時間や労力、そして愛を惜しみなく与えてくれます。

もし知らない人に親切にしてほしいと思ったら、この色を選ぶといいかも。

05.
ホットピンク
→恐れを知らない冒険家

Dc78fd72a30cc894d815b9f688da931ca7fae8d3

ホットピンクをつける人は、自分のワイルドな一面を他人に見せるのを厭わない人。新しい人、新しい食べ物、新しい経験にだって、なんでも「イエス」って言えちゃう、冒険いっぱいの人生が大好きな人です。

なかなか怖くて「イエス」と言えない人は、ホットピンクのを試すことで、リスキーな道を選ぶ勇気がもらえるかもしれません。

06.
ワイン
→魅惑の世界を楽しむ人

20dcc8abb6253c23d7c824bd843b88e8221eb92d

この色を選ぶ人は、あらゆる「誘惑」についてよく知っている人。

自分のほしいものを手にするため、焦らず時間をかけます。人生のあらゆる場面で、その一瞬一瞬の楽しみ方を知っている人です。恋愛においてスリルを楽しむのも大好き。

最近ちょっとマンネリ気味、という人にもオススメです。もっと大胆に恋を楽しむ冒険心が湧いてくるかも。

07.
ベビーピンク
→可愛くありたい

Cb59883220c6d3be2417ca8bd9f8b86f4f94ac0f

この色は、自分を可愛く見せたいという気持ちの表れ。

可愛いものが大好きで、ものを選ぶときは見た目を重視。小さい子供や動物も大好きな人です。

自分の印象がちょっとキツイかな、と思う人は、ぜひこの色をお試しあれ。自分の優しい一面、親しみやすい一面を引き出してくれますよ。

08.
グレーベージュ
→つながりを重んじる人

957ae93b52cb4b64433c172247fd9a47af183e58

トープと呼ばれることもある、茶色がかったグレーを選ぶ人は、より強いつながりを望む人。

自然や動物、自分の周りの世界と深いつながりを感じ、表面的な経験や浅い関係には興味がありません。自分の見るものややることだけに意味を見出すのです。

物事を真剣に考えたいというときには、この色を。地に足をつけて、頼りになる自分に出会えるはずです。

09.
ユニークな色
→芸術家肌

43bcd659559590080eea068702fdd3d530f00056

青や緑、黄色など、そのほか珍しい口紅の色を選ぶ人はとてもクリエイティブ。

自分が鮮烈なイマジネーションを持っていることの証になります。このタイプの人は内向的な部分と外向的な部分をあわせ持っていますが、芸術家気質なところが原動力。他人と「違う」と思われても気にしません。

ほかの人の目が気になりすぎてしまう人は、思い切って珍しい色を試してみては?

10.
ブラック
→暗い部分を秘めた人

5117d2559bcc019657454ec31591caa8b02a68f0

ブラックを選ぶのは、その人の中に暗い部分がある証。

ブラックジョークが好きで、めったにはしゃいだりしません。自分の趣味からすると、明るい色はちょっと派手すぎて、注目を集めすぎてしまうと感じています。ニッチな映画やインディーズ音楽が好きだったり。

自分のなかにある、暗い一面と向き合ってみたい人は、黒を試してみると、思ってみなかった自分に出会えるかもしれません。

Licensed material used with permission by Little Things
星座別占いから手相まで、自分の性格や将来について少しでもヒントが欲しい!というあなた。反対に、占いなんて信じない!というあなたも騙されたと思ってちょこっと...
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
口紅の塗り方は十人十色、とまでは言わなくとも、少々個性が出るのは事実。人によって次第に形が変わってくるものですよね。「WittyFeed」のこの記事には、...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
ニキビ占いやホクロ占いがあるなら、哺乳類ほぼみんなが持ってる「おへそ」の占いもできるはず。ということで、Rebecca Endicottさんによる「lit...
あんまり、まじまじと見る機会が少ない「足の指」。爪を切るときや靴下を履くときには触れる部位ですが、「足の指の形」に注目する人は少ないのではないでしょうか。...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
コーヒー好きなあなたに質問です。あなたが朝飲むのはブラックコーヒー?エスプレッソ?それともカフェラテ?米メディア「Elite Daily」で紹介されていた...
血液型や好きな色で性格診断をしたことは、誰にでもあると思います。今回は「Elite Daily」のRosebud Bakerさんがまとめていた、数霊術をベ...
同じものを持った人はふたりといない、とも言われる「指紋」。最近では、ピースをしているスマホの写真からも指紋分析できる、なんていうニュースも話題になりました...
さあ、上のイラストの中から、あなたがもっとも好きな花を選んでください。じっくり考えず、直感でどうぞ。選びましたか?それでは、ライターRebecca End...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
好きな色は何色ですか?そう、いま思い浮かべたものが、あなたの性格をうまく表している可能性があります。「Thought Catalog」のRania Nai...
早速ですが、あなたは早食い派ですか?それともゆっくり食べる派ですか?実は食事をする時のクセが、その人の性格を一番表していると「Little Things」...
こういう診断モノって、当たっていてもいなくても、ついつい見ちゃうんですよね。友だちと一緒に「たしかに!」なんて話すのも、楽しかったり。今回は「Little...
この記事にたどり着いたアナタ。少しスマホを操作する手を休めて、じっと手を見つめてほしい。あなたの手で、中指の次に長いのはどの指?なんと、こんな簡単なことで...