「もずく酢」を使って5分でつくる酸辣湯(サンラータン)

酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだとか、酸と辣のバランスがどうとか。

もっと手軽にちゃっちゃと作りたい人に、こんなアレンジはいかがでしょう。まさかのあの食材が…サンラータンしてる!

「もずく酢」の風味が
酸っぱさに奥行きを生む

そうです、使うのはコンビニだって購入できるパック入りの「もずく酢」。驚きでしょ。これをスープに加えるだけで、たしかにサンラータンらしい味わいになるんですから。

もずく酢には砂糖が入っているものが多く、甘酸っぱさを表現するのに最高の代用品。要はお酢でお出汁を割ったものが入っているわけですから、サンラータンにもすんなり味がフィットするという訳。もちろん、あのもずくならスープの具材として入っていたって気になりませんよね。

オススメはやっぱり黒酢のもずくを使うこと。麺よりもヘルシーなのも◎ですよね。

2550400bee9d946fbd31cc0b3f8def6f5cd60776

 作り方は超がつくほど簡単

鍋に水200mlと鶏ガラスープの素(小さじ1/2)を入れて強火に、煮立ったら中火にしてもずく酢(1パック)を加えます。ここに卵を1個溶いて加えて半熟状になったら火を止めましょう。
味付けは塩コショウでととのえ、ラー油をお好みで。青ネギを散らしたらできあがり。

市販のもずく酢を入れるだけでできる、このサンラータンなら時短とヘルシーを同時にかなえてくれますよ。

冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「毎朝、空腹時にリンゴ酢とハチミツを飲むとどんな変化が起きるか?」をカラダを張って調査した結果が記事になっていました。どちらも美容・健康効果が注目されて久...
玉子料理はなんて美味しいのでしょう。玉子は、アレンジを加えて食卓の主役になったり、手の込んだ料理で名脇役を果たしたり。もちろん、そのままでも美味しくいただ...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「mindbodygreen」において、ライターのCortney Harden氏が、家庭用品を使ってお金を節約する72の方法を紹介しています。曰く、既製品...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
インタビュー内容に入る前に、まずは2本の動画を見てもらいたい。温泉でシンクロ、というビジュアルインパクトもさることながら大分県の「音」を集めまくって編集し...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
(前編)では、シンフロの音ができあがるまでの舞台裏や、地方との取り組み、地元にも愛されるPRコンテンツについて話してくれた、クリエイターの清川進也さん。後...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...