パリの日常には、フォトジェニックがありあまる

誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。

でも実は、どこを歩いたってこの街は絵になる。大通りに面したビストロから、路地にひっそりと佇む理髪店まで、カラフルで個性豊かな店の外観は、眺めているだけで楽しい気持ちにしてくれる。

絵になる風景が、
そこかしこに。

Medium 1389eaf6a56efee36b0d43c9d8e89552d7a42bb2Medium 0cd2282ed4f004baa3bb9617d6ed390f33f1e245Medium 01f2976e2bf5a0c2e07168b2c2aaef6a82caaa90Medium 64a5d95e6d37fa04012e81e9f111d7cf96f697f5Medium 684d784e87697eb4845d318fc9a14f798048f976Medium 15ffd5f4f32a4cdce1289a87b72e47a02bb8000eMedium 1825a5ca32921a169de6adc767668804ca3d428dMedium 9564e8999b39f7f7ac329d622df3eb843e812c45Medium d08ef06e64c2322b3796aaa6836766a247fb5604Medium e52785856778f061572042cea3262c933dc19beaMedium 89e0a57ff6c5ccb8cb373512d78718d9f0c6e5d4Medium 93bfeb41a1ba00d4cbf0cfa352a9d925d17258daMedium cc855d42867e4c671facd187b89b8eb3e3c69e75Medium 8e1cdd980dfbfc893215c7792e102d0bcf4687c7Medium 16282dcf793b57d0917351413784694cda74d3bcMedium 30d5233ee30e45638525400f2828f56ab2f72e5bMedium 00223fb622506cd66a04330936afe735757fd058Medium c02969b4a6e88de5851acda5e063aa9386ccb3feMedium cb06c74c17246af5a030da16011fc54c0175cc83Medium 1cecebd1425bd764a3655c6ce3be17b6a6b37fe9Medium e3947f9f8f15f05296f09c529e412a2d53403630Medium 7034b35e847c8ef24dff1ce700bda830e773e6a8Medium dbf46539b38cbd5e605b41ed3701a3d089ef0c0cMedium d11055fa10639c9c166be3d013b0a541b700b99dMedium 7ee5f98ba54d28b7eebb8b6c4e5ba43c7b05089dMedium 85b58f0f2a809f54340248ee3921d2ff8843f6bdMedium 9349339bb34a44fc9c20a6987ba019c07c0070f8Medium 4dc2e97b3f6abc6058c9efb1b1f851181855ce16Medium 9f346c48f56b4ba99891b9cc06cfa9a9a42827f4

店の外観写真を一気に並べただけなのに、なぜこんなにも惹きつけられてしまうのだろうか。通りを歩けば、ついシャッターを切りたくなる風景に自然と出会えるのが、パリのパリたる所以と言えるかもしれない。

Licensed material used with permission by Pixartprinting
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?■世界で最も暮らし...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
2017年、あなたはどんな目標を立てていますか?ジムに通う、ダイエットをする、ヨガをはじめる…そんな意識の高い目標もいいですが、本当の心の声に耳を傾けてみ...
日本人の憧れ、パリ。アーティスティックな雰囲気が漂い、花が咲き誇るその街並に魅了される人は少なくない。今回紹介する「In Love in Paris」は、...
ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...