世界初。麻から作った「ヘンプ・サングラス」が味わい深い

サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、なんと「麻」。

ひとつずつ手作りされた
麻の「繊維フレーム」

5a8d39f2d9799d4a0a784214f5163e106ae646598d437ae83e0fc72424f48a2170e8f66faf89d821

麻を意味する「hemp」というこのサングラス、フレーム部分は麻の繊維を固めたものでできています。近くに寄ってみると、繊維の様子がわかりますね。ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで作られていて、味わい深いのが特徴的。

じつは強度も高い
繊維のチカラ

B299426c76281ea65c6bcffd47374ad78663745b

それにしても、なぜ麻?というところですよね。

麻は痩せた土地でもよく育ち、生育のスピードが早いことで知られています。その速度、なんと4ヶ月で2.5mに達するほど。しかも成長の過程で大量の二酸化炭素を消費するので、地球に優しく、多くの面で見直されている植物のひとつ。

環境への配慮を考えると、最適な材料の選択というわけですね。

F3abd7eeb92b28a1928ed3708e84f331dd627baf

とくに強度面も注目したいところで、樹脂のなかに繊維を入れる手法は、軽さを保ったままで強度が出せるので、自動車をはじめとした乗り物などにもよく使われているんです。

実際にこの技術を使って、麻でできた電動スクーターも開発されているほど。

約1万5,000円で
環境に優しいものを

A5b87bf7295cd64c951ace101f4a1dbff57ae9a5

デザインは3種類。クラブマスター風の「Crosby」、ウェイファーラー風の「Dean」、アビエイター風の「Byrd」というラインナップ。

Bf491f25446f02835b0d377bd657bdda235d9381

サステイナブルで、環境に負荷もかけずに育ってくれる「麻」で作った世界で初めてのサングラス。どれもクラシックな定番デザインなので、カジュアルな格好なら意外と何にでも合いそうです。

ナチュラルなサングラスを求めていたあなたへ、気になる値段は125£(約15,000円)と、ブランドものと比べればお手頃。日本にも発送してくれるようですよ。

Licensed material used with permission by Hemp Eyewear
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に〈かまわぬ〉のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
このビジュアル、いたずらではありません。使い終わったら、種の入ったカプセル部分を植えるとーー。野菜や花、ハーブが生えてくる“エコな鉛筆”「スプラウト・ペン...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...
店頭のショーケースに並ぶ食品サンプルが、訪日外国人に人気なのはよく知られている事実。精巧に作られたそれは、お土産として買い求める人も多くいるほど、日本文化...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
スナップチャット専用のウェアラブル「Spectacles」の販売がはじまりました。それは、ボタンを押すと自分の視点からみた景色を10秒までの動画として撮影...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...