なんで最近、瓶でなく「缶入り」のクラフトビールが増えているんだろう

最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビール大国アメリカでも、売り場にはビンより缶がズラリと並ぶ状況だとか。

誤解を恐れずに言えば、なんとなくなくビン入りのほうが、小規模でローカルで、コミュニティに紐付いている感じを与えなくもない(流通を度外視すれば)。ですが、缶が選ばれている理由は他にちゃんとある。

この記事は、ミネソタ州でウイスキー醸造所を経営しながら、ブログを綴るEmily Vikre(fiveandspice)氏が、友人のクラフトビールメーカーに取材したリアルな声です。

クラフトビールは缶に詰める
わずか2年でシェアが5倍に

Medium 2308bafd0980ce498ca9dfd9fb5cbe63054611bd
Photo by Emily Vikre

私の自宅近くの酒屋には、「ビール・セラー」があります。これはクラフトビールのセレクションを貯蔵するための冷蔵ルーム。

ここ数年のうちに、ビールをめぐる保管、陳列方法に大きな変化が起こっています。こはく色のビンの壁や棚が、カラフルなアルミニウムの缶に置き換えられているのですから。もしかしたら、あなたもそれに気づいているのでは。

実際、缶入りクラフトビールの数は、2012年から約二倍に増加しました。加えて、米ブルーワーズ・アソシエーション(以下BA)によると、缶に入ったクラフトビールの割合は、2011年の時点で約2%、それが2014年には10%以上にまで跳ね上がっているのです。

数にしたらわずかかもしれない。ビンだって今なお9割近いシェアがある訳ですから。それでも、なぜ缶へのシフトが起きているのか。私は、ミネソタでクラフトビール会社「Bent Paddle」を経営する友人たちが、3年前の創業以来、缶で販売していることに着目。彼らに直接、聞いてみることに。

 

ビンより缶が選ばれる理由4つ

答えはじつにシンプル。Bent Paddleも、前述のBAも、そして缶を最初にクラフトビールに使用したOskar Blueすらも、すべて同じ結論に至っていた(もちろん共謀なんてありません)。結局のところクラフトビール会社は、自分たちのすぐれた製品を提供するのに、ビンよりも缶の特質に魅了されているからです。

では、その特質を見ていきましょう。

Medium 30e59d6ca7c4c77a337ed8f01dc2c86dcb410334

ビールの品質を左右する
光と空気をバッチリ遮断

ビールの品質は光や空気との接触などを含む、いくつかの条件から影響を受けるもの。ビンに比べ、缶はより機密性が高く、すべての光を遮断してくれます。

大半のクラフトビールは低温殺菌がされていないため、この点は特に重要。劣化のリスクを減らし、ビールの状態を安定させるには、缶に詰めることに一日の長があるということ。

リサイクル(ほぼ)100%
60日以内に売り場に戻ることも

もちろんガラスもリサイクルされますが、現在アメリカにおいてアルミ缶の再利用性はよりいっそう高いものに。じつのところ、ほぼ100%がリサイクル可能なのです。

製造業に携わる人々の多くが、環境への負担を考慮するのが21世紀型の二次産業。再利用性の高い保存容器は当然ながら世のニーズと言えるもの。そして、一説によるとリサイクル処理されたビール缶はまた、60日以内にできたてのビールを詰めて、売場へと戻ってくるのだとか

さらに、ビンよりも軽量で、効率的に運搬できることも思うと、環境にも醸造所の収益にもいい影響を及ぼすことが挙げられます。

クラフトブームに合わせ
アルミ缶の製造技術も進歩

Medium 86c81e09366d6ab6daa6c5b4cc056e86045a8c2d

昨今のクラフトビール業界では、缶そのものの製造技術でイノベーションが起こっています。これが小規模のビール会社であっても、缶入りの採用を可能にしている要因。

現在主流のアルミ缶には、わずかな味でもビールに付着するのを防ぐ、ライニング(被膜加工)が施されています。この加工コストが数年前より格段に抑えられるようになったため、中小規模のビール会社でも採用がしやすくなった、というのが本音のようです。

アウトドアでビールを楽しむ
ポータブルな選択肢

Bent Paddleの私の友人たちは、ハイキングやカヌー、ゴルフ、ビーチ、とみな遊びの天才。自分たちの「遊びの場」にお気に入りのビールを持っていきたい。それが、開発の想いのなかにはあるようです。

そうなると、どうしてもビンは理想的な相棒とは言えません。アウトドア・アクティビティにビールを持参したいと思えば、“缶に詰める”はよりポータブルな選択肢ということでしょう。

「クラフトはビンより缶」
を植え付けた大衆ビール

ところで、私の主観ですが昨今の缶ビール人気についてこうも思うのです。2008年前後に突如としてブームとなったPBR (パブスト・ブルー・リボン)が流れを変えた、と。

それは BudweiserやCoorsのような大手メーカーではなく、主流から外れた大衆的でレトロなビールでした。これが缶で販売されていたのです。唇に感じる、クールでメタリックな感触は、大学時代や1980年代を、私だけでなく多くの人に彷彿させました。

2002年から缶入りで販売しているOskar Bluesは、クラフトビールのテイストと、PBR風の外見とを融合させた見事なコンビネーション。ですが、このブランドが急成長し始めたのですら2009年頃からなんですから。

Licensed material used with permission by Food52
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...