服役中の女性にチャンスを。デンマークブランドの新たな試み

服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、若くしてシングルマザーになるケースも多くあり、生きていくために犯罪に手を染めてしまう、というケースも後をたたないそうです。

そんな「服役する女性」が作ったブランドがあります。デンマーク・コペンハーゲン発の「CARCEL」です。

「刑務作業」で
つくられた服

Medium 195b9438389a3e04d7a424692b960a882872e5dd

多くの刑務所では、懲役刑の一部として、受刑者に「刑務作業」が課せられています。内容は、服や家具の制作などが一般的です。

多くの女性が刑務所で服を作っていて、もちろん働いた分の賃金は出るのですが、刑務作業で作られた商品は「刑務作業品」として特別なルートで売られているため、市場に出回らず、一定以上の価格になることはありません。

女性受刑者に
仕事と可能性を

Medium 30d46512ab0e8b0f56523ae2b87974774f884cf8

そこで「CARCEL」は、高品質な服を女性受刑者と協力して作ることを考えました。最初のコレクションは、ペルーのクスコ刑務所で手がけたもの。

女性たちはブランド服を作ることでより多くの賃金を得て、家族や子供を養う助けになりますし、刑期を終えてからも、服飾の技術を活かして再就職しやすくなるといいます。

天然素材100%
流行に左右されない
「北欧デザイン」

Medium e7f456b0ec670518cbe99315bdb290beaccc6585

デザインは、北欧らしいシンプルでオシャレなスタイル。ユニセックスで、流行に左右されずに長く着られるように気が配られています。しかも、一枚一枚の服それぞれに誰が作ったのかがちゃんと記載されているのです。

素材にもこだわっていて、天然素材100%。材料は地元で「神の繊維」と呼ばれている、ペルーのアルパカ毛が使われています。

次のコレクションはインド、
そして世界へ

Medium f1f603481754b1c8de09c0de853d9969d198e06c

次のコレクションはインドの刑務所になる予定で、実現のため、現在Kickstarterで支援を募集しています。

受刑している女性には、手を動かして物を作る喜びと、自分や家族のためのお金を。そして、ユーザーには美しいデザインの丁寧な手作りの服を。

このプロジェクトが広がることで、女性の犯罪を取り巻く社会の構造自体が変化していくのかもしれません。

Licensed material used with permission by Carcel
all photo by Petra Kleis
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the...
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかも...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...