トレビの泉に投げられるコイン(年間約1億円)の、行方とは?

コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『ローマの休日』が頭に思い浮かぶ人も多いかもしれません。

人気スポットなので毎日多くの人が訪れていますが、一体どれだけのコインが集まり、どこに行くんだろう?なんて考えるのは野暮でしょうか。実際、いろいろなところで役立っているみたいですよ。

投げ込まれたコインは
慈善活動に寄付

Medium 95da0636dbea3a996045517880f8b6b9259e81a0

【トレビの泉の場合】

Travel + Leisure」によれば、トレビの泉には、1週間で15,000ドル(約150万円)、年間でおよそ100万ドル(1億円)が集まるそう。なんと、2008年にはそのお金が、必要な人に無料の食べ物を支給できるスーパーマーケット「Emporio della solidarita」の開設にも役立ちました。 そういった、主にカトリック教の慈善事業などに使われることが多いそうです。

ちなみに、コインは毎日たまり続けるので、噴水からコインを除くのに1時間はかかるとか…。

【ベラージオの噴水の場合】

Medium 64c2299d178a3031f4a7d98ebc65a5edc7bae28b

また、ラスベガスのホテル「ベラージオ」の噴水では、年間12,000ドル(約130万円)が回収され、こちらも様々な非営利団体へと寄付されているそう。

大小関わらず、その他の噴水でもチャリティに寄付することが多いそうですよ。

Reference:TRAVEL LEISURE
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
お金に対する感情というのは少々やっかいで、人間関係と同じように、その関係が依存や執着を生むようであれば、お金からは好かれません。たとえ、100円であっても...
私は税理士として、たくさんの方とお付き合いするなか、事業がうまくいっている人ほど「お金は儲けるものはなく、稼ぐもの」という意識でいると感じます。ここでは、...
興味を引くデザイン。これが海外で話題に寄付システムだ!新しい形の募金が登場!これは「The Social Swipe」という募金システム。貧困問題の解決に...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
「1円たりとも無駄にしない」という言葉がありますが、1円玉は、お金の「最小単位」だからこそ、どのように扱うかによって、その人の価値観や哲学、人生観がありの...
ノマドワーカーと一口にいってもイメージは様々だ。中にはPCから離れられない!なんて悩みもありそうだが、彼の場合は飛び抜けている。米・メディア「Elite ...