イケアが開発した「食卓で食べない人」のための食器

質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」

この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「IKEA 365+」のディナーウェアシリーズを3年もかけて刷新した理由には、イマドキのライフスタイルが色濃く反映されていました。

ベーシックなデザインに彼らが施した、リュニューアル後の工夫とはなんだったのでしょう?そのまえに、まずはこんな研究結果から紹介していきます。

もう、ダイニングテーブルは要らない?

5ae90b6d74fd57b48bb52a09cace07e575976993

現代の多忙なライフスタイルが原因で、慣例的な食事時間が変わってしまったイギリス人にとって、ダイニングテーブルで食事をする機会はますます減ってきている」。

The Telegraphが伝える記事によると、2013年の時点で研究者たちは、人々の生活環境の変化と、それによって食事をする場所も変わりつつあることを示していました。食卓の場は、ダイニングテーブルからソファやテレビの前へと移動、それも家族全員がそこに集まっている訳ではない、と。

対象者500人は、調査と呼ぶにはやや寂しい数字ではあるけれど、ダイニングテーブルで食事をしている人の割合を調べたところ、週に1回〜2回という人で全体の10%に満たない数字。3人に1人は年に数回、3%にいたっては、テーブルすらないとの回答だったようです。

もちろん、家族揃ってダイニングテーブルでの食事が好ましいが、現実は日々の仕事に追われ、家に帰ればゆっくりソファでくつろぎながらごはんを食べたい、というのが心情でしょう」とは、調査員の弁。こちらはDaily Mailから。

ではこの結果、はたしてイギリスだけのもの?最初の質問の答えがテレビの前だった人、結構いると思うんだけどな。

時代のニーズに合った食器
シンプル=自由度の高さ

改めてIKEA 365+を見ていきましょう。

この20年近い間に、人々のライフスタイルは劇的に変化してきました。日本だけでなく世界中で。1990年代に登場したディナーウェアの刷新にあたり、IKEA 365+の開発者らはこの変化に着目したそうです。

ユーザーの家を実際に訪問し、ニーズを汲み取り、デザインに落とし込む。毎日の生活の中で変わっていく暮らしのニーズや、食事をとりまく状況の変化を細かくヒアリングし、開発にあたる。

あらゆるものが低価格で、それもバリエーション豊富に選べるイケアのものづくりの舞台裏で、3年も開発にかけているとは意外だと思いませんか。

こうして、あらゆる食事のスタイルに対応できるよう、今の時代のニーズに合わせてリニューアルされたのIKEA 365+シリーズという訳です。

854f37e08687388475a960a5bda4abb014d321ef

たとえばこの深皿/ボウル(399円)、握りやすさと、食事を運んだときの安定感がウリ。ちょっとソースが多めのパスタでも、ソファに深く座りながらだって、こぼさず食べることができそう。

17a47c59c232df77f2cf5e6b46474ca4530da93b

友人を招いたホームパーティーには、サービングプレート(399円より)がおあつらえ向き。お皿の上にグラスを置いて移動することもこれなら楽々。

0e5b7b0166978983e76f76028c313378bd197d74

いつもよりゆっくりの週末のブランチは、ベッドでそのままだってアリでしょ。

収納性の良さも好感度◎

77c896dbe481fae1e8fc176b334b47a19ea45cbf

モノに囲まれて生きることが本当の幸せなのか。近年、欧米を中心にシンプルライフやタイニーハウスに傾倒する人が増えています。モノを最小限に抑えたとき、きっと食器もこういうものになるんじゃないかと。

シンプルでベーシックゆえに飽きずに、長く愛用できる無地の白皿ならば、これ一式でだいたいのことはまかなえてしまうから。

そして、これも大事なポイント。IKEA 365+は収納性にもこだわりがあるんだそうです。コンパクトな収納スペースでもかさばらないよう、グラスもボウルもすべてスタッキング(重ねて収納)でき、キャビネットの中でも場所をとらない。

4c451a395c9b70a522f9cf627b3b71cfa0512c21

ごはんも、おかずも、ラーメンも、どんぶり一つで済ませていた学生時代に戻ったような感覚が、久しぶりに蘇ってきました。そういえば、あの頃もソファやベッド、テレビの間であぐらをかいて好き勝手に食べてたっけ。

食事はきちんと椅子に腰掛けて、はもしかしたら、もうずっと以前からみんなの中で失われていたのかもしれません。食のシーンの多様化に合わせ、TPOで使い分けが利くお皿が、やっぱり一番重宝するってことなのかも。

Licensed material used with permission by イケア・ジャパン
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
いまや、食器洗浄機を使うことなんて当たり前。でも、ちょっと体力が残っているときは、手間を承知で「手洗い」するのもイイかもしれない。なぜなら、「Little...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
'60年代から'70年代初期にかけて、様々な建築家によってフューチャーレトロ調のタイニーハウスがつくられていた。特筆すべきは、その佇まい。今から50年も前...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わっ...
アボカドの高い栄養価は、もはや誰も疑いようのないところ。だけど、「体にいいから食べる」なんて漠然とした効果を期待しているだけではありませんか?医学博士のF...
記憶力大会の優勝経験者であるYanjaa Wintersoulさんは328ページもあるIKEAのカタログを記憶しているそうなんです。商品だけでなく、カタロ...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...