世界最小の「システムキッチン」。もう、我が目を疑うしかない・・・

エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト」や「タイニーハウス」に人気が集まるのも、こうした背景からだろう。

だが、方法は他にいくらでもある。たとえば、モノ自体のサイズを小さくすることで、エネルギー消費そのものを抑えるというアイデアしかり。

コンパクトさを徹底追及
これが、本当にキッチン?

64b3e2bdb4e33a28323450e1435b20d80a24977a

よもや、このキャビネットのような風貌がキッチンだとは……。言われない限り、いや言われたところで信じられない。違う?

けれど、この中にしっかりシンクも、コンロも、冷蔵庫も、そしてダイニングテーブルまで装備しているというのだから。そのサイズ(縦600×横600×高さ900mm)を聞いて、なお疑いは深くなる。が、もう我が目を疑うしかない全容をご覧あれ。

キッチンは、
ここまで小さくなる!

492f0f8aa94c16a9f12ecb9ca010e1514f73496b

この通り、完璧なまでにキッチンにトランスフォーム。これは、確かにキッチンだ。

料理をするときだけ、その機能を引っ張り出してきて、あとは小さくコンパクトにまとめておく。キッチンが小さければ、揃える調理器具だって必然的に最小限。もちろん、住空間もタイニーでいられる。

169a2cf18196ddaf9bcfa2b101f063e65a51c286

引き出し式のIHクッキングヒーターは、このサイズでもしっかり2口。ヒーター下には電子レンジ、もしくはオーブントースターを収納するスペースも完備しているという。コンパクトでも必要な機能はすべて兼ね備えている。

もちろん、小さすぎることは確か。けれど、これだけで十分と感じる人たちも多いはずはずだ。

最小限の機能で
満足できる世の中へ

7b6e608c4f8e8fd5295d63f5e39888e641bf9afd

アパート暮らしの独身生活者に向けて、“おひとりさま”システムキッチン「Gali」のデザインに挑んだのは、マドリードの建築デザイナーAna Aranaさん。ひとり暮らしの人たちをリサーチして回った彼女は、彼らが毎日台所に立つ訳じゃなく、中には必要としない人も多いことに気づいたという。「ならばいっそ」、とエネルギー効率やモビリティを再構築し、必要最小限な機能を残し、極限までコンパクトにするリデザインを実現してみせた。

今のところコンセプト段階というが、タイニーハウスやディンクスが珍しくない世の中である限り、極小キッチンの需要も少なくはないはずだ。そう考えると、Galiの実装も急に現実味を帯びた話に思えてくる。


Licensed material used with permission by Ana Arana
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
「トントントン、トントントン」料理上手であろうとなかろうと、包丁がまな板にあたるあの心地いいリズムが嫌いな人はいないでしょう。あなたのまな板はどんな音がし...
どんな使用感か、早速画像で見てみましょう。サイズは16.8cmx6.6cm(高さx直径)。重さは500g。これは、500mlの缶ジュースと比較するとほぼ同...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
どこの国を旅していても、必ず訪れるのが現地のスーパーです。野菜やフルーツ、お肉、魚介類はもちろん地域ごとの違いがよく分かるのですが、それよりもお菓子コーナ...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
たった15ドル(約1,600円)。それだけで、退屈な日々のルーティーンワークがちょっとだけ楽しめるようになる。その理由に関しては、文章で説明するまでもなく...
ジムが苦手なあなたに朗報です。ひと足早く「夏のビーチボディを手に入れるために必要な、食生活の見直し」を紹介したいと思います。この記事でヘルストレーナーのR...
この画像は、ベリーとベリーの細胞を培養したものだ。作物を育てるのではなく、植物の細胞を育てて食べものをつくる。そんなアイデアが注目されている。フィンランド...
質問:「あなたは毎日どこで食事をしていますか?」この質問から始める理由は、あなたの答えがこのイケアの食器の必要性を左右するから。すでにロングセラーだった「...