イギリスで大ヒットした「猫のための音楽アルバム」。2月22日、ついに日本へ!

ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウス猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成してしまったようです。

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの大手メディアでも取り上げられ、iTunes UKクラシックチャートでは1位も獲得したというこのアルバム。一体、どんな音楽なのでしょうか?

ねこのための音楽
-Music for Cats-

Medium fdb9b0005339cf72b82c777f9c26efaaa9b772bf

作曲したのは、ワシントン・ナショナル交響楽団などで活躍したチェリスト、デヴィッド・タイ氏。なんでも、動物学の研究者と一緒に、その聴覚を研究しながら曲作りをしたそうです。

彼らが発見したのは、動物の種別ごとに音の好みがある、ということ。また、人間は胎内で聞こえてくる音や生まれたばかりの頃に聞いていた音に安心するのですが、猫は胎内では音を知覚せず、生まれた後にはじめて聴覚が発達するという理論でした。

「Music for Cats」も、この理論をもとに作曲されたもの。子猫がおっぱいを飲むときの音や親猫の声などを楽器で表現し、その音を組み込むことで、猫がリラックスして聴ける音楽に仕上げているのです。

アルバムに収録されているのは、全5曲。

01. ロロの空間 / Lolo's Air
02. ケイティ・モスのキャットウォーク / Katey Moss Catwalk
03. タイガーリリとミミのミャウジカル / Tigerlili And Mimi's Mewsical
04. スクーター・ベレのアリア / Scooter Bere's Aria
05. サイモン・セッズ / Simon Says

ミュージカルならぬ、ミャウジカル。

“ヒト向け”以外の
アルバムでは史上最高位!?

Medium c8e76f9c9c331fd604931e7fa058f5721dcfd61e

これまで、動物に向けたミュージックランキングがあったかどうかは定かではありませんが、iTunes UKクラシックチャート1位、全英アルバムチャート33位と、驚きのセールスを記録した『Music for Cats』。

kickstarter」でのクラウドファンディングでは、2万ドル(約225万円)の目標資金に対し、なんと10倍以上の24万ドル(約2,700万円)を超える金額が集まりました。

本当に猫の好みを掴めているの?という疑問も湧きますが、実際に聴かせてみたところ、普通の音楽には興味を示さなかった猫のうち、77%がこの曲には好感触を示したそうです。

アルバムを購入した飼い主さんたちのカスタマーレビューを見ると、

「半信半疑だったけど、熱心に聴いていた!」
「うちの猫はリラックスして幸せそうだったよ」
「このCDを買って本当に良かった。飼い猫2匹とも、ソファで満足して聴いていた」

など、なかなか好評の様子。

2月22日「猫の日」
ついに日本上陸

何とも気になるこのアルバム、日本ではユニバーサルミュージックから2017年2月22日の「猫の日」に発売される模様。

Apple MusicSpotifyからも、デジタル配信されています。視聴もできるようです。

Medium b66dbcb702ec20def2ef7e144b8e1713e6fb6328

ちなみに…。作曲したタイ氏はさぞや愛猫家かと思いきや、じつは猫アレルギー。あくまでも研究として、まじめに動物のための音楽を作曲しているそう。

以前には、猿のためのヘビメタを作曲したという実績も!今後は集まった資金で、水族館にいるクジラや、虐待された犬のための「癒しの音楽」なども作曲していきたいということです。

Licensed material used with permission by UNIVERSAL MUSIC
1997年にベルギーでデビューした日本人のロックバンドを、イギリスの音楽紙「Melody Maker」は、「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃!...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
Instagramにあふれる、キュートな猫の写真。そのうちのいくつかをよく見ると、気になるハッシュタグの存在に気付きます。「#猫バンバン」その数、累計約5...
ついに、ついに上陸。一足先にサービス開始となったアメリカでムーブメントを巻き起こしていた『Pokémon GO』が、先ほど“母国”日本でも配信開始。ゲーム...
気まぐれだけど、どこか愛らしい。猫には他の動物にはない、不思議な魅力がありますよね。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんも、そんな猫の魅力...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs &...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
愛する彼とのセックスはいつだって幸せなもの。でも、そこに音楽を加えるだけで、二人の満足度はより高まるようです。「Elite Daily」のこの記事は、女性...
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
「CORKCICLE(コークシクル)」は、ワインを愛する3人の男性によって設立された、フロリダ発のブランド。同ブランドのプロダクトの販売が、2016年3月...
夢に猫が出てきたら…少し気をつけた方が良いかもしれません。男性にとっても、女性にとっても、意味のある夢となるでしょう。猫が好きな人にとっては、癒される夢と...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
Felicity Berkleefさんが飼っている猫たちは、普段はアクティブで外で冒険するのが大好き。だけど、雨が降ったときは2匹とも窓から外をじっと眺め...