野菜を育てるのも、食べるのも楽しくなる「スマートガーデン」

キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥料もあげないといけないし…手入れがうまくいかず、買ったハーブの鉢植えを枯らしてしまったこと、一度くらいあるのでは?

そんなあなたでも野菜が育てられる「Smart Garden 9」は、その名の通りスマートな家庭菜園。開発には7年かかったそうですが、いったい何がスマートなのかというと、電源を繋いで水を入れておくだけ、ということ。そのあとは自動でどんどんおいしい野菜が育っていくというのです。

6731713742ddc1eb52a9e280b436cbacbe2e8d4d

「土」そのものが
すでにスマート

1449d2f8fd99f50d5c2bc60ea7752666eeda7515

その秘密は、独自開発したこの土「スマートソイル」。ナノテクノロジーを駆使して、つねに最適な量の酸素、水、そして栄養分を供給してくれるといいます。もちろん土なので、自然の素材。「野菜作りは土作り」という言葉もありますが、このスマートソイルがおいしくて栄養価の高い野菜を育ててくれるんです。

光も水も
すべて自動で制御

6376ed0e906383d59a51336bae9fc36262ece579

光はすべて自動制御のLEDが供給してくれるので、室内や日当たりの悪いところでも問題なし。野菜がよく育つ自然界のスペクトルを分析し、ここで再現しているのだとか。

水は足す必要はありますが、2ヶ月に1回、決まった量をタンクにまとめて入れるだけ。あとは必要なときに必要なだけ、自動で水やりをしてくれるのだそう。

育ちも早く
栄養価も高い?

7e4d3486311e0d1eddb4e2e61cb1c96137143fa8

野菜にとって最適な環境なので、通常より約30%も早く育ち、普通の育て方ではほとんど吸収されずに流れてしまう水を95%も削減。収穫してから2週間も食べられるので、普段であれば捨ててしまう野菜も38%削減。また、まさにその場で作るため、輸送は97%減り、シンプルな構成にしたことで、類似の栽培キットと比べて、68%も低価格に仕上げているそう。

と、いくつかの数字が並びましたが、さらに驚くべきは、抗酸化作用によるアンチエイジング作用があると言われているロズマリン酸の含有量が、最大で607%も増加したこと。ラクラク育てられるだけでなく、高い栄養価も期待できそうです。

種は土と一緒にカプセルの中

51f7d86cc721d5e6c79cc958bf56275fa5f4af1f

育てられる野菜の種類もさまざまです。バジル、ケール、パセリ、レタスなどの葉物野菜はもちろん、トマトもラズベリーも育てられます。

種は土とセットでカプセル状になっているので、封を開けてセットするだけで、同時にいろいろな野菜もOK。

「Smart Garden 9」は、現在Kickstarterで支援を募集中。レタスのみのキットは129ドル、好きな野菜を9個選べるキットは159ドル。種や土は法規制が厳しく、残念ながら今のところ日本には発送できないようですが、こんなキットがあったら野菜を育てるのも食べるのも楽しくなりそうですね。

Licensed material used with permission by Click & Grow
家庭菜園に挫折した経験がある人、きっと多いことでしょう。自分で作る無農薬の野菜は魅力的だけど、実際に育てるのはけっこう面倒です。一生懸命お世話をしても結局...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...