【クイズに挑戦!】クリエイターじゃなくても知っておきたい著作権

著作権、肖像権…よく聞く言葉だけれど、実はあんまり理解していないという人も多いのでは?

プレゼン資料など、クローズドな場で使用する画像も勝手に使用すれば著作権侵害にあたることを考えると、実はクリエイターじゃなくても直面することの多い著作権の問題。

ここでは実例に近いクイズに答えながら、著作権についての理解を深めていきましょう。

Q1.
新聞広告で使うビジュアル、
どちらが安心?

コンプライアンスを重視するある企業が新聞広告を出すことになりました。ヨーロッパの町並みを使った写真をストックフォトサービスの『iStock』で購入して使うことになったのですが、どちらの方がより安心して使うことができるでしょうか?

B946e9d7e104a4812ec396f0e436425a9effc380

Q2.
そういえば、「建物」の著作権って
どうなってるんだっけ?

自社の広告にニューヨークの風景を使うことになりました。 どちらも有名な建築物ですが、より安心して利用できるのはどちらでしょうか?

1e812dfe16938fa469b86419d1b2c782c26ad33b

Q3.
ストックフォトで見つけた写真、
構図をマネして自分たちで撮影した。
これってアリ?

Ee2d675739c2bda0bceb85304608c365b111433e

気に入ったストックフォトを参考に、撮影をすることにしました。モデルや製品は別のものを使って類似した構図をそのままを再現する場合、完全に新しい著作物として認められるでしょうか?

Q4.
ストックフォトで購入した画像、
勝手に加工しちゃダメだよね?

7a87da8c69db69221e2de9b09605e539529f5eca

ストックフォトサービス「iStock」で購入した画像を広告やプロモーションのために加工したり編集してもいいのでしょうか?

Q5.
イベントで流すビデオ、
お気に入りのヒット曲をBGMにしたい。
ブースで流すだけなら大丈夫だよね?

22c155d7345a39bbe44064347f7657e8845f0edc

ある展示会に出展することになり、ブースで放映するための販促用ビデオを制作することにしました。 その際に、市販されているCDから選んだ曲をBGMとして利用してもよいでしょうか?

商業利用する場合は、
信頼できるストックフォトサービスで!

上記のクイズは、誰もが直面する著作権問題のごく一例。複雑な問題である上に、仮に侵害してしまうと会社を巻き込んだ大事になる可能性もあるだけに、画像を商業利用する場合は信頼できるストックフォトサービスを選びたいですね。

ここまで見てきたように、その点『iStock』なら安心ですし、何より画像や映像、音源のクオリティも高いので、ぜひチェックしてみてください。登録すれば、週替わりで提供される無料の画像もDLできますよ!

768d528fa2d4f925a73c42a29905562b37837b6e

知らないとコワい「著作権」の基礎は
ゲッティ イメージズの
「著作権セミナー」で学ぼう

ゲッティ イメージズ』が定期的に開催している無料セミナーでは、著作権に関する基礎知識から最新の事例・判例まで幅広く学ぶことができます。クリエイターはもちろん、プレゼンなどで画像、映像、音楽に関わる人なら一度は聞いておきたい内容ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

「水を知る旅に出よ」そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。《今回の旅人》左から・池田親...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
関根光才/Kosai Sekine映像作家。CM、ミュージックビデオ、映画などをベースとした映像の演出を手がけ、日本人監督らしからぬインターナショナルなレ...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照され...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。...
たった10秒の間に、画像の中で起こった変化を見抜けますか?ここで紹介するのは、クリエイターに大人気のwebメディア「CREM」とTABI LABOが共同制...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...
書家の活動と平行して十数年に渡り通信業界に勤め、プレゼンテーションスキルにおいては、あのソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。独立後、昨年...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...