人前でスピーチやプレゼンをするときに知っておくべき「3つの輪」って?

スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。

では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心に響く話ができるようになるのでしょうか。その5つの方法を紹介します。

01.
会場の参加者に語りかけて
会話に巻き込む

Silhouettes Of Multi-Ethnic Group Of Business People Working Tog

人前でスピーチやプレゼンするときに、知っておいてほしい「3つの輪」という考え方があります。

「1の輪」:自分だけの世界に浸っている状況。独り言など。
「2の輪」:相手と二人の世界にいる状況。会話など。
「3の輪」:大勢の前で話す状況。

これを「3つの輪」と呼びます。聞き手を魅了する話し手は、多くの場合、この3つの輪をうまく行き来しています。例えばこんな具合です。

「こんにちは。今日はみなさんにお菓子についてお話しします。みなさん、ケーキはお好きですか(全体に問いかける…3の輪)?
では、後ろの青い服の方にお聞きします。ケーキは何がお好きですか? ショートケーキですね。ありがとうございます(1対1で話しかける…2の輪)。
私も大好きです。実は先ほどいただいてきました。とても美味しかったです(自分の感情を表現する…1の輪)。」

会場全体に話しかけたり、誰か一人に話しかけたり、自分のことを話したり。こういった具合に話せば、会場は自然と話に巻き込まれていきます。

02.
「内容は3つまでに絞る」
と決めてしまう

New idea

たくさんのことを伝えようとしても、聞き手は覚えきれません。また、結果的に話し手も何を伝えたいのか分からなくなる恐れがあります。ここはきっぱりと「内容は3つまでに絞る」と決めてしまいましょう。

そして、以下の型に当てはめて伝えるとわかりやすくなります。

「今日、お話しするテーマは×××です。3つのポイントをあげてみましょう。
1つめは◯◯。2つめは◯◯。3つめは◯◯。では、それぞれについて詳しくお話しをしていきます」

そして、一つひとつについての体験談や具体例をあげながら説明していくといいでしょう。

03.
話し始める前に
ゆっくりと3秒だけ黙る

S

話し始めは「最初の3秒が勝負」です。ステージに立ってすぐに話し出すのではなく、ゆっくりと3秒黙る。この時間を持つことで、話し手は聞き手の顔を見ることができるし、聞き手は一瞬、話し手に惹きつけられます。

呼吸が落ち着き、聞き手の期待やその場の雰囲気を感じられたら、ゆっくりと話し出しましょう。ただし、この「3秒の沈黙」は、話す内容や事前の準備が万全の時にだけ効力を発揮します。そうでなければ、本当の「沈黙の恐怖」を味わうことになるでしょう。

04.
共通点を伝えて
話に興味を持ってもらう

Group of successful businesspeople standing and talking.

「みなさまと私には、実はこんな共通点があります」。こんな言葉が話し手と聞き手の間に「共感」を生み出します。例えば中小企業の社長さん相手に話す時に、「実はうちの父も小さな会社を経営しておりまして……」と共通点を伝えて話し始めれば、興味を引くことができます。

また、話の途中で「実はこんな失敗をしたことがあります」と、自分のかっこ悪いところを見せてしまうことによって「そんなこともあるよね」と共感を得て、インパクトを持たせることもできます。

さらに、話の最後で「こんな未来が開けています。想像してみてください」と、聞き手がほんの少し行動すれば手が届きそうな未来を伝えれば、気持ちの良い共感を得て、明るく締めくくることができます。

05.
マーカーや改行を入れて
原稿にメリハリをつける

Business going well

どうせスピーチ原稿を作るのであれば、棒読みを避けられるように「読むための原稿」を作りましょう。

そのコツの1つ目は、話し言葉で書くこと。書き言葉で作った原稿は、読むのには適しません。

2つめは、「 」やマーカー、改行を利用して、読みながら話すのにわかりやすくしておくこと。重要な言葉すべてに「 」やマーカーをつければスピーチにメリハリがつけられます。また、どこまで話したのかを見失わないように、改行をどんどん使いましょう。

3つめは「間」を書き込んでおくこと。「間」は自分が感じるよりも2〜3倍長く取ることが効果的です。そのために、スピーチ原稿にあらかじめ「————」「……」などの記号をつけたり、行と行との間に空白をたっぷり取るといいでしょう。

『スピーチプレゼンはまず3秒黙りなさい』著者・森裕喜子 プロフィールOFFICE JUDY/ボイスイメージ®コンサルタント。エグゼクティブ対象のスピーチプレゼンテーションのトレーニング、コンサルティング、スタイリング、講演を行うコミュニケーション戦略/イメージ戦略の専門家。30年以上にわたる声に関する経験を生かして「ボイスイメージ®コンサルティング」を開発。人前で話すことは明らかなマーケティング活動と捉え、本質的な「話す力」が身につくサービスを提供し続けている。

スピーチプレゼンはまず3秒黙りなさい
コンテンツ提供元:光文社

ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
人前で話すときは、言葉によって表現される言語的コミュニケーションだけではなく、外見や表情、ジェスチャーなどの「非言語的コミュニケーション」に気を配ることが...
人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。...
プレゼンテーション(以下プレゼン)の語源は、プレゼントだと言われています。つまり、相手ありき。聞く側の気持ちを考えて、話をすることがキモなのです。「 Th...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
「大丈夫かな」、「上手くいかなかったらどうしよう」、「恥をかきたくない…」。人前で話すとき不安に押しつぶされそうになることがありませんか?誰だって同じ気持...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
書家の活動と平行して十数年に渡り通信業界に勤め、プレゼンテーションスキルにおいては、あのソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。独立後、昨年...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアソフトバンク勤務時代に、孫正義代表の右腕としてプレゼン資料の作成に携わって...
会議、プレゼンテーション、研究発表、スピーチ…。そんな人前に出る機会を、苦手に感じている人も多いのではないでしょうか?東京学芸大学附属世田谷小学校に、沼田...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「地獄とは、半分しか席が埋まっていない講堂だ」と、ピューリッツァー賞を4度受賞したアメリカの詩人、ロバート・フロストは言いました。殺風景な雰囲気のなかで、...