アガリ症のあなたへ。「人前で話すこと」の恐怖心がなくなる5つの方法

「大丈夫かな」、「上手くいかなかったらどうしよう」、「恥をかきたくない…」。人前で話すとき不安に押しつぶされそうになることがありませんか?

誰だって同じ気持ち?いえいえ、伝えたいことを上手く話せない人もいれば、このドキドキを「自分への期待」と前向きに転換させられる人もいます。

ここでは『スピーチプレゼンはまず3秒黙りなさい』の著者、森裕喜子さんにドキドキをワクワクに変える5つの方法を紹介してもらいましょう。

01.
何よりもまず、一生懸命。
誠意をもって話す

Seated business team eagerly watching a woman who is making a hand gesture with focus on the business team

歌手でタレントの武田鉄矢さんが、まだデビューして間もないころ、どうしたらうまく歌えるかを先輩歌手に相談したら、こう言われたそうです。

「お前の歌なんてはじめから下手なんだから、お客は誰も期待していない。だから、うまく歌おうなんて考えるな。できることは、とにかく一生懸命に歌うこと。お客が見たいのはお前が必死に歌っているところだけなんだ」

一生懸命に歌う「誠意」。それでお客さんに伝わるものがあるのです。

歌とプレゼンやスピーチは、聞き手のためにステージに立つという点で共通しています。聞き手の心を動かすのは「うまい」と思わせる小手先のテクニックや、大げさなジェスチャーではありません。とにかく一生懸命にやることで相手に伝わるものがあるのです。

人前で話すことの怖さを払拭するためには、まず「上手に話そうとするよりも、誠意をもって話そう」と意識を変えることが大切です。

02.
マイク、照明、衣装
事前準備を怠らない

890000037532964_Full

では、誠意をもって話すために必要なことは?本番前の準備です。歌手も観客の前で歌うまでに何度も繰り返し練習しますし、歌の意味を理解します。それだけではなく、衣装や照明の位置、マイクの配置や聞こえ具合など、ありとあらゆる事前準備をするものです。

いざ、本番というときに、話し手を少しでも不安にさせる要素は、事前にすべてクリアーにしておきましょう。入念にスピーチの練習をし、マイクチェックを行い、司会者との打ち合わせをしましょう。衣装が場にフィットするか、着心地がいいか、ヘアスタイルやメイクはどうするかも考えておくこと。当日に向けてコンディションを整えることも大切です。

本番で100%の力を出すためには、120%の準備が必要なのです。

03.
聞き手が求めていることは?
しっかり「仮説」を立てる

business review

もちろん、話す内容に不安があってもいけません。スピーチやプレゼンは、聞き手が聞きたいことを話さなければ聞いてもらえません。つまり、事前のリサーチが必要なのです。

聞き手はどんな人たちなのか(属性)、聞き手は何を求めているのか(欲求)、聞き手はどんな影響を受けたいと思っているのか(目的)について情報を集め、深め、戦略的に分析し、仮説を立てます。「話のマーケティング」とも呼ばれるこの方法で、話す内容を決めましょう。

04.
緊張も逆に楽しんじゃえ!

Opening the floor for questions

どんなに事前準備を綿密に行っても、緊張する時はします。緊張してしまった時には、それを楽しみましょう。そのためにオススメなのが、以下7つの方法です。

【1.緊張した自分を受け入れる】
本当にどうでもいいものや、まったく関心がないことだったら緊張しないはず。「緊張する」ということは、その物事に対して前向きな気持ちを持っていることの表れなのです。「緊張はいいことである」と受け入れましょう。

【2.息をしっかり吐く】
緊張状態の体をリラックスさせるために、お腹から「ふ〜っ」と息を吐き出しましょう。

【3.聞き手にあなたの顔をしっかり見せる】
ステージ上で頼れるのは自分だけです。しっかり聞き手に顔を見せることで、自分自身にも「自分は頼れる存在だ」と信じ込ませましょう。

【4.目線をまっすぐ向ける】
緊張をパワーに変えるために、しっかり聞き手のいる前を向いて、スタートダッシュ直前の「行くぞ!」という状態にしましょう。

【5.すぐに話し出さない】
話すタイミングが来たら、まず3〜5秒沈黙しましょう。聞き手はあなたに注目し、話を聞こうとする姿勢に入ります。さらに自分を落ち着かせることもできますよ。

【6.話す直前に、一歩前に出る】
マイクがあってもなくても、前に一歩踏み出すようにします。そうすると、ざわついていた会場が静かになります。

【7.第一声をしっかり出す】
しっかりとはっきりと、言葉をテーブルの上に確実に置く。そんなイメージでゆっくり話し出しましょう。

05.
衣装を変えるように
「声色」もひと工夫を

close up of conference meeting

存在感のある人間に見られたいなら、ダークな色調のスーツを着る。別荘地に行くならカジュアルな洋服を着る。人は見られたい印象によって、服装を変えますよね。

同じことが「声」にも言えます。低くて太い声は貫禄を感じさせるし、細くて高い声は神経質そうな印象を与えるでしょう。声そのものを出す声帯は変えられませんが、声の出し方を変えることによって、印象を変えることができます。

服装によって得られる自信もあれば、声の印象を変えることで得られる自信もあります。自信があれば、人前に出ることが怖くなくなります。

人間は、一生懸命準備したことは意外と忘れません。「人事を尽くして天命を待つ」の心境に達せれば、人前で話すことは怖くなくなりますよ。

『スピーチプレゼンはまず3秒黙りなさい』著者・森裕喜子OFFICE JUDY/ボイスイメージ®コンサルタント。エグゼクティブ対象のスピーチプレゼンテーションのトレーニング、コンサルティング、スタイリング、講演を行うコミュニケーション戦略/イメージ戦略の専門家。30年以上にわたる声に関する経験を生かして「ボイスイメージ®コンサルティング」を開発。人前で話すことは明らかなマーケティング活動と捉え、本質的な「話す力」が身につくサービスを提供し続けている。

スピーチプレゼンはまず3秒黙りなさい
コンテンツ提供元:光文社

ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...
人前で話すときは、言葉によって表現される言語的コミュニケーションだけではなく、外見や表情、ジェスチャーなどの「非言語的コミュニケーション」に気を配ることが...
プレゼンテーション(以下プレゼン)の語源は、プレゼントだと言われています。つまり、相手ありき。聞く側の気持ちを考えて、話をすることがキモなのです。「 Th...
人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。...
話し上手な人が、必ずといっていいほど実践していることや、特徴についてまとめました。とにかく話上手になりたいというあなたに向けて、最低限おさえておきたい項目...
「地獄とは、半分しか席が埋まっていない講堂だ」と、ピューリッツァー賞を4度受賞したアメリカの詩人、ロバート・フロストは言いました。殺風景な雰囲気のなかで、...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
前編に続き、ソフトバンク孫社長の元右腕として手腕を振るってきた、プレゼンテーションクリエーターで書家の前田鎌利さんに、「勝つプレゼン」の極意を伺います。前...
現代人は、ストレスのせいで、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」がくもってしまっているそうです。本当はビタミンが足りないのに、何を必要としてい...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
自分に自信がなく、つねにオドオドしている「豆腐メンタル」と呼ばれるような人。症状を克服して自分を変えたいと思っている人も多いかもしれませんが、実際に自分で...
書家の活動と平行して十数年に渡り通信業界に勤め、プレゼンテーションスキルにおいては、あのソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。独立後、昨年...
世の中には「話しやすい人」と「話しにくい人」がいますよね。話しやすい人と会話していれば、自然と盛り上り、また会って話したくなるもの。話しにくい人は会話がな...
「史上最も影響力のあったゲーム」の第1位に選出される『スーパーマリオブラザーズ』。飛んで、跳ねて、踏んづけて、ときに輝きながら無敵の強さを発揮する。だが、...