今話題の「食欲コンサルタント」直伝!食べたい気持ちをコントロールする6つの方法

現代人は、ストレスのせいで、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」がくもってしまっているそうです。本当はビタミンが足りないのに、何を必要としているのかわからなければ、ひたすら食べ続けることになるんだとか…。

でも、暴飲暴食をしてしまったからといって、落ち込む必要はありません。「食欲コントロール」さえ実践していれば、今からだって取り返すことができるのだそうです。

今回は、村山彩さんの著書『あなたは半年前に食べたものでできている 実践編』より、食欲をコントロールする具体的な方法をご紹介します。

control for appetite


 食欲をコントロールするための
「方程式」とは?

食欲は、「運動」と「食」の組み合わせによって、簡単にコントロールできる。そのために知ってほしいのが、食欲をコントロールするための方程式があるということ。

食欲コントロールの方程式=(20分以上の体全体が汗ばむ運動+正しい食事を続けて2食)×3セット

「正しい食事」とは、運動や生活で失った栄養素を含む、適切な質・量がそろった食事のこと。この食事を必ず2食続けて食べる。英単語の暗記などと同じで、くり返すことで体にしみこんでいく。重要なのは、必ず運動したあとに、食事をすること。

01.
まずは、適度な運動で
体の大そうじを

control for appetite

適度な運動をすれば、代謝が活発になるので、体にたまった不要なものが外に出される。大そうじしてきれいな体になったあとで、正しい食事を入れてやれば、しっかり栄養が吸収され、健康的な体になるというわけ。

02.
食欲もストレスも
何も食べずに解消できる

ふだん私たちは、ストレス満載の生活をしている。強いストレスがかかればかかるほど、強い刺激でそれを打ち消そうとする。だから「たくさん食べたい」「味の濃いもの、油っこいもの、甘いものが食べたい」などと、強い刺激を求めるようになるのだ。でも、「運動」も強い刺激のひとつ。つまり、食べなくても、運動をすることでたくさん食べたいという間違った食欲が抑えられる。つまり、ストレスを打ち消すことができるのだ。

03.
食欲コントロールに
「運動」が欠かせない理由

リラックスできるくらいの運動をすると、満腹ホルモンであるレプチンが分泌される。また、適度な運動で爽快感を感じると、セロトニンという幸せホルモンが分泌されるのだが、このホルモンも食欲を抑えてくれる。だから、運動をすると「むしょうに食べたい」という欲がなくなってくるというわけ。

04.
口先だけの食欲に

惑わされちゃダメ!

control for appetite

とにかくいっぱい欲しい。満たされたい。袋菓子を1袋、チョコレートを1箱、なくなるまで食べ続けてしまうのが「口先だけの食欲」。口の快感だけを満たそうとする欲望なので、体のために必要なものをとる「正しい食欲」とはまったく異なる。

05.
「2週間の間に3セット」
それだけで正しい食事は身に付く

私たちは和食が好きですが、それは私たちが日本人だからというだけではなく、和食に慣れているから。つまり、慣れさせることによって味覚はいくらでも変えていける。2週間の間に2食×3セット、計6食の正しい食事を体に入れてやれば、多くの人は正しい食事に慣れて、正しい食事をおいしいと思うようになってくる。挫折しそうになっても、とにかく運動して正しい食事を2食食べる。ただそれだけで、心が変わっていくがわかるはずだ。

06.
ダイエットなんてしなくていい!

今すぐ食欲コントロールを始めよう

control for appetite

食欲コントロールの目的は、体が欲するものを食べたいだけ食べて、一生太らない健康的な体を手に入れること。しっかりと自分の力になるものを食べる習慣がつくことで、集中力が増したり、体力がついたり、メンタルが強くなったり、よい付加価値もついてくる。

あなたは半年前に食べたものでできている 実践編
コンテンツ提供元:サンマーク出版

murayama村山彩/Aya Murayama食欲コンサルタント、日本初のアスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、トライアスリート。ラジオ局、映像製作会社でのプロデューサー業を経て、2010年に資格取得。その後、現役トライアスリートとしての知識と経験を活かし、テレビ、雑誌、ラジオ、イベントなどで活躍。東京マラソンでは、カゴメ株式会社と協力し、アスリートのためのトマトレシピを考案し評判となる。アスリートとしても、2012年、館山わかしおトライアスロン総合優勝、2014 IRONMAN 70.3 台湾 エイジ優勝などの実績を持つ。現在は半年間の連続講座で食事と運動について学ぶ「村山塾」の講師や、食欲コンサルタントとしての指導、ランニングと食事のイベント、生活習慣病のカウンセリング、プロのアスリートやアマチュアのランナーへの食事指導と運動指導など、幅広い活動を行っている。ブログ:ayamurayama.jp
ストレス過多の現代人は、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」が曇ってしまいがちなんだそうです。例えば、本当はビタミンが足りないだけなのに、「何...
とくに夏は冷蔵庫に常備しておきたい「シソ」。お刺身に添えたり、刻んで薬味にしたり、あの独特の清涼感が味を引き締めてくれますよね。そんなシソでつくる「万能ダ...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
頭に血がのぼって不要なひと言を口にして、後になって後悔する…感情のコントロールって本当に難しいものです。女性ライターAmelia Harveyは、ある意味...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
イライラや怒り、緊張と言った感情は、人間なら誰もが持っているもの。その感情から逃れることはできませんが、うまく付き合っていくことは可能です。「Elite ...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
米メディア「Elite Daily」が、女性に人気のヘルスモチベーションコーチのRicki Friedman氏にインタビューをしています。日々の食習慣から...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
テレビやSNSでよく話題になる◯◯ダイエット…。けれどそれらは、実は健康に悪影響を与えているかもしれません。そんな間違えやすいダイエット法を、坂詰真二さん...
現代人の皆さんへ。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
食べながら痩せられる。歌手のアデルやモデルのジョディー・キッドらから火が付き、イギリスで大注目の新ダイエットメソッドがあります。食べる量を減らす必要なく、...
知能指数を表す「IQ」とは、似ているようでちょっと違う「EQ(感情指数)」。EQは、自分の感情をうまくコントロールできるかどうかを示す、いわば「心の知能指...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...