メガネライターが、最近バッグに入れているのは「ブルックリン発のジャパンメイド」。

メガネって決め手がないと迷うよね。形やスタイルから入るか、軽さや見えやすさから入るか……。なんでもいいから重視するポイントがひとつでもあると、あっさり決まったりします。

で、メガネライターという仕事柄、当然、普段からいろいろ使っていますが、最近バッグに入れているメガネとなると、近いところを見る“PC作業用”ですね。

普段、外出するときは遠くがよく見えるメガネをかけるんですが、最近はコワーキングスペースをはじめ、外出先で仕事をする機会が増えたため、近いものがよく見えるメガネを1本カバンに忍ばせています。

肝心のブランドは「アクティヴィスト アイウェア」。

NYはブルックリンの自転車好きが作ったブランドで、ピストバイクなどに乗った時にズレないようにと、テンプルが二股になっているのが最大の特徴です。

これが本当にズレてこない! 計4本のアームが頭を包み込むように支えるから、長時間かけていても疲れません。アクティブな自転車はもちろん、地味なPCでの作業にもピッタリなんです。

スタイル的にも、サーモントフレームでちゃんとトレンドをおさえています。ブルックリンでデザインはしているけれど、製造は日本で行われているっていうのもツボです。

レンズは近くが見えればいいので、あえて“度数を弱く”設定。ブルーライトカットと、手元が見やすくなるサポートレンズを入れています。自分的にはスタイルもスペックも備えた最強の1本ですね。

Medium 1f74afa71f5d6938a5e82b5ec4f7b04a92a6186aMedium 001bedf8c4d91b35613b311f75798ab8482c0c47Medium deace0aa51bf236ac0eecd4e222666031f22f02d

藤井たかの/メガネライター
東京在住のメガネライターです。「メガネ」はかれこれ15年以上書き続けているいちばんの得意ジャンル。オフィシャルサイトの最新インタビューでは「GLOBE SPECS」の岡田さんが登場中!

いろんな人のバッグの中身を紹介していくプロジェクト『ビー』の記事です。TABI LABOで毎日1本ずつ記事を公開していきます。
Instagramでも公開中です。

 

Photo by 元家健吾
ファッショングラスが、完全にスタイルに浸透している欧米。かたや日本では、まだまだトレンド感覚が拭いきれていない状況。だってほら、これくらいメガネがアイコン...
矯正器具でありながら、ファッションアイテムとしても愛用されるメガネの魅力はどこにあるのか?自らも外山氏のデザインしたメガネを愛用するTABILABO代表、...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
平日はBROMPTON、休日はSURLYのKarate Monkeyに乗ることが多いです。なので、タイヤを外すための15mmレンチは常にバッグに入れっぱな...
女子ってホントにメガネ男子が好きですよね。職場でもカフェでも、そして電車の中でも、メガネをかけた人がいるとつい目で追ってしまうのが女の性というもの…とは言...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
フィットネスや健康管理に特化したスマートグラスが話題の昨今ですが、ここで紹介したいのは、一見機能が満載のスマートメガネには見えない「Vue」。「Kicks...
スマホをポケットから取り出し、フォト画面を起動。単発ならいいんですが、記録しておきたいシーンが次々と押し寄せるイベントや趣味の場では、この作業を繰り返すの...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に「かまわぬ」のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
私がディレクションを担当している「3SUN」から発売しているバッグ、BAILER(ベイラー)というシリーズです。自分でも50Lのネイビーと25リットルのグ...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
BOBBY DAZZLER(ボビー・ダズラー)は、ロンドン生まれ。古着などを使ったハンドメイドの人形です。手作りなので、当然すべて1点ものになります。私の...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
 きっかけは祖父でした。「『男はつらいよ』を観ていれば、いい子に育つ」という、なんともおもしろい考え方をする人で、実際に私は幼い頃から祖父母の家に行くと、...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...