卵や乳製品も食べない「ビーガン」の私が体感した8つのこと

お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ビーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、それでも少しずつ増えつつあります。

過去に、3年ほどビーガンを実践していたという「Elite Daily」のライター、Sheena Reyesさんが「1週間でもいいから、人生で一度は試してみてほしい」と語る、その理由とは?

01.
自分が「口にするもの」を
自覚できるようになる

76da920064e1093889b3884d98d563379d08ce78

まず、ビーガンに切り替えようと思うと、自分の食習慣を管理しないといけなくなる。そうすると、自然に「自分が口にするもの、選択するもの」を自覚するようになるの。

体に良くないんだよな…って思いながら無理に食べるよりも「これは食べません」って断ってもいいって学んだほうが、自分のことも好きでいられると思う。

周りの人は関係なくて、自分が何を食べるのかっていうことを意識できるようになるわ。

02.
お肌の調子が
良くなる

私の場合、メインの食事は、蒸し野菜と、生のフルーツとサラダ。加工食品や動物生の食品を控えると、お肌の調子が最高にいいの。

03.
体が軽く感じる

58525789341266f6f9712465270d040a8b83b5bc

私の経験から言うと、自然の恵みでクレンジングされているせいか、とても体が軽く感じたの。1日をエネルギッシュに過ごす「活力」すら湧いてくる気がしたわ。

04.
考え方が
ポジティブになる

フルーツや野菜を食べることで、私はとてもポジティブなマインドセットになったの。自分自身を構成している要素は、いまあなたが「口にしているもの」で作られてるんだなぁ、ってつくづく思わない?

05.
キッチンでも
クリエイティブに!

95aae8df4801db9e60222ceed615545472b26b85

ビーガンになっても、チョコやスイーツが一切食べられないってわけじゃないの。私の場合、加工糖はカットしていたけれど、チョコは大好き。

でも、自分が食べられるチョコやプロテインボールを作らなきゃいけなかったから、キッチンでもとてもクリエイティブになれたの。

インターネットで、ビーガンチョコのレシピを探して試してみてね。とても美味しいから!

06.
シンプルに、健康的に

野菜のような「アルカリ性食品」をたくさん食べたほうが、人生を長い目で見たときに健康的に過ごせると思うの。

07.
新しいレストランを
開拓するようになる

Df98b8825fd317c2e4e8a093d6f9a82753f5928f

ビーガンになると、専門のレストランや、ビーガンシェフがつくる食事を探さないといけなくなるわ。そういった挑戦や冒険を重ねていくうちに、ビーガンはどんどんラクになっていくの。

08.
短い期間でも
「達成感」がある

それがたとえ一週間でも、ビーガン生活をしていると達成感があるの。セルフコントロールのゴールを設定して、それが達成できたら自信も身につくしね。

ビーガンは、誰にでも効果があるっていうわけではないけど、一度くらい試して見ない?私は、実践してみてとても良かったと思っているの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介し...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
2010年に米・カリフォルニア州で生まれた大人気アイスクリームショップが、東京・千駄ヶ谷にオープンし話題となっています。というのも、このお店で食べられるの...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
付き合いたての頃は、ハンバーガーを食べるのもハードルが高い。大口開けるの恥ずかしいし、麺類は吸うのに気を使いすぎて味がわからない…って、いちいち気にしてい...