趣味に没頭したいひとへ。「無印良品の小屋」が最高。

気に入った場所でくらすという、あこがれをカタチにする道具。そんなイメージから無印良品がつくりあげた「小屋」が、千葉県南房総市に位置する多目的施設「シラハマ校舎」に現れました。

小屋の定義を変える“ハコ”

9da54247dbba7c764d85b3a2d8fb36af0201e425

販売が始まったのは、いわゆる農耕具や自転車、季節の飾り物、道具箱なんかの置き場所としての意味合いで使う、物置小屋とはまったく別の可能性を感じる"ハコ"。「これが小屋?」と、あっけにとられてしまいました。

内部の広さはわずか9㎡。これだけ聞けば、たしかにコンパクトな小屋。けれど、それには似つかわしくない天井まで届く大開口サッシが、今までのイメージを吹き飛ばしてくれる開放感を与えてくれています。なんでも、通常は商店の入り口に用いられるタイプの引き戸を用いているんだそう。

奥まで行き届いた日の光が照らしているのは、見覚えのある寝具じゃないですか。こうなるともう、小屋でも納戸でも構わない。私の中では小さい家、むしろ「こもりたい場所」という新たなジャンルが生まれていました。

秋以降には、
あなたの好きな場所へ

B2230d5dc5fdb4dfcd962eb597802db5626de21b

シラハマ校舎以外での販売方法については、2017年秋以降に改めて情報公開が予定されてます。自分だけの書斎やアトリエが欲しい趣味人、いつも近くに海を感じていたいサーファー、郊外で週末農業を楽しむ人たち…自分の好きな場所で、没頭したい特別な時間。そのはじまりとなるのが、この小屋なのかもしれません。だからきっと、「住む」のではなく、「こもる」が正しい使い方。

ほどよく「控えめ」
だから、個性が生きる。

9a77f40f95c2a6d5c5a7f57dc5f113e7ad0ddee9

大きな窓からは光が差し込み、お気に入りの場所の景色をひとりじめ。

449fce039ba009ed77150296cc530b9262a30b0b

内装は、好きなようにデザインしてほしいという想いをこめて、あえて無塗装のまま。

7e833c7b8ebb8d442f71aadeaba6fb97e3896b6e

お値段は、建設費込みで300万円(そのほか管理費等も別途必要)。自分のお気に入りだけを詰め込んだ「こもりたくなる小屋」、もっと詳しく知りたい方はコチラから。

Licensed material used with permission by 無印良品
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
ドキドキの連続で、日々気持ちが浮き沈みする恋愛。この「恋してる」「愛してる」を自分の趣味に当てはめたとき、恋と愛、両者の違いはどんなところにあると思います...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋...
常に彼氏がいる「安定」を「幸せ」と勘違いしていませんか?もちろん誰かに愛されることは、嬉しいこと。でも自分の好きなことを犠牲にしている関係なら、勇気を出し...
ときどき、可愛いスカートやベストを着てキメていたり、泡々のバスタブに浸かって気持ち良さそうにしている「セレブ犬」をSNSで見かけることがある。きっと、お金...
バレンシアに住んでいるカップルは、メインの仕事をしながらも、趣味で建築物とアートを融合させるプロジェクトを進めている。楽しむことを目的にしていたが大手企業...
5歳のBarbaraちゃんは、プロのキッズモデルではなく、ごくごく普通の家庭で育った女の子。ただ、ちょっと普通の家庭と違うのは、中学校の先生をする母親のA...
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
あなたの周りに、山登りが趣味の人はいますか?ただただ頂上を目指すことを目的とする登山家に悪い人はいない、主張するのは、「Elite Daily」のVica...
とにかく美味しいものに目がなく、他のことはさっぱりなのに、料理の話になると首を突っ込んできては、誰よりも深いウンチクを語れる。食べることが好きな人たちって...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...