コーヒー好きの私が「おいしいパン」を求めるとき、絶大な信頼を置く博士がいる。

シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー関係の仕事をしていたからとか、コーヒー好きが高じてサイトを始めたとかって思う方が多いのですが、8年前にシアトルに引っ越すまで、じつはコーヒーが嫌いで一切飲まない人生を送っていました。

でもそんな“飲まず嫌い”だった私に、シアトルがコーヒーのおいしさとそこを取り巻く文化を教えてくれたんです。

ご飯とコーヒーは
なんであんなに相性が悪いの…

3d86e65d04cbfaa2880428e3fb3b9a12f2d2528a

そもそも、なぜコーヒーをそんなに毛嫌いすることになったかというと、小学校の時、ホカホカのご飯にお茶と間違えてコーヒーをかけて食べてしまったことからでした。

ご飯とコーヒーってどうしてこんなに相性が悪いんでしょうか。20年以上私をコーヒーから遠ざけた魔の組み合わせです。コーヒーをご飯にかけたことがなくても、ご飯を食べながら熱いブラックコーヒーを飲むことを想像してみてください。なんか食べ合わせ悪いですよね?

この相性の悪さの理由を知ってる方がいらっしゃったら、ぜひ教えてほしいくらいです。

パン博士が選ぶものは
コーヒーとの相性も100%

B0d0406b5b50de5d201a18ef33a217e5132eceda

ご飯とコーヒーの相性の悪さとは正反対に、パンとコーヒーの抜群の相性の良さは…なんでしょうね、例えるならピッチャーとキャッチャー、サウナと水風呂くらいの「セット感」があります。

コーヒーを飲むようになってからは、パンに興味を持つようになりました。私がおいしいパンを求めるときに、絶大な信頼を置き、密かに「パン博士」と呼んでいる人物がいます。それは「パンラボ」主宰の池田浩明さんです。

パン好きの人ならば、一度くらいは池田さんの名前はどこかで聞いたことがあるはずです。パンに関する雑誌や本を見ればほとんどの確率でその名前を発見できます。

池田さんが紹介してくれる全国津々浦々のパンは、写真を見るだけでも口がおいしくなる感覚に陥るようなパンばかり。気になったものはメモしておき、そのお店の近くに行くことがあれば買いに行くんですが、本当に間違いないです。

コーヒーとも100%の確率で合います。池田さんを知るきっかけも不思議なパンとコーヒーの相性からでした(パンラボ、要チェックです)

担当の編集者さんも
パンとコーヒーが大好きだった

D0bd82a7b80ed4b2cf56a8ccb3ce02d1bceb8bd9

そして、話は遡ることちょうど2年前。

アメリカで私のコーヒーサイトが書籍化され『Coffee Gives Me Superpowers』という名前で出版されました。その私の英語の本をサンドウィッチとラテがおいしくて有名な「Camelback Sandwich & Espresso」という東京のカフェが置いてくれていたのです。

そして、パンとコーヒーが大好きな「ある人」がそのカフェで私の本を手に取り興味を持ってくれたのです。その「ある人」こそが現在の私の担当編集者さんなのであります。彼のおかげで日本でも『シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書』という名前の本を出版する運びとなりました。

そしてその編集者さんは、たくさんパンの本を手がけています。そう、その著者はパン博士こと池田さんなのです。私と池田さんは同じ編集者さんの元で本を出しているという、コーヒーとパンが繋げてくれた縁。

相性ばっちりです!

そんな嬉しい縁があり、つい最近日本で本が出版されたこともあって、現在は日本滞在中です。日本はおいしいパンがたくさんあって、いい感じのパン屋さんを見つけると吸い込まれるように入っていっては

「家に帰って、おいしいコーヒーと一緒に食べよっと」

と、ワクワクしながらパンを買って帰る日々を送っています。

シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
なつかしの給食メニュー「揚げパン」は、不動の一番人気。ドーナツとも違う、独特の香ばしさと、全身にまとった砂糖の甘さが魅力。あの味が忘れられない、って人も多...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
この画像を見て下さい!このちぎりパン、あなたなら食べられますか?んー! 念のため、もう一度聞きましょう。このパン、あなたはちぎれますか?目がうるんでる…。...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...