おいしく食べられるより、「やさしく光る」を選んだパン

パンはパンでも、食べられないパンはな〜んだ?…フライパンじゃなくって、食べられない「本物」の話をしているんです。カビが生えたやつとかでもなくて、そうならないように改良されたこの商品。そう、君の名は…

パンでできたライト
「パンプシェード」!

8089e261405ac907fc3cd40f76ee500627a0d953

パンが光ってる…!特にバゲット系は、切ったら小さな女の子でも出てきそうなメルヘンなかわいさ。

でもまぁ、本型のライトやブドウ型のライトもあるし、特段目新しくはないんじゃない?私も最初そう思いました。しかし驚きの事実。このライト、割れるのです。ガラスみたいに。なぜって、本物のパンだから。つまりは正真正銘のパンを、防腐・防カビ・樹脂加工しているのが、このライトなのです。

47f3b7c57efef7ed25abaf717cf900e0dde03f1b

〈素材〉強力粉 , 薄力粉 , 塩 , イースト , LED , 電池 , 他 

現在、神戸のフランスパン有名店『ビゴの店 神戸三宮店』様のご協力のもと、作成を行っています。 

ほらね、使われているのは、本物のパン!とはいえ、もちろんライトになった後は食べられないので悪しからず。

発想のタネは
パンへのパッション

06001f81020b278f78a06441c9fc44f59b1579ae

パン屋で働いていた時、廃棄になる商品を見るのが耐えられなかった。 パンには食べるだけではなく、それ以外の、それ以上の魅力がある。 

そう語るのは製作者の森田優希子さん。パンへの並々ならぬ情熱を感じずにはいられません。作り方によれば、ランプになるパンも内側はできるだけ削り出してあり、その部分も捨てずに美味しくいただくんだとか。環境にも優しい有効活用です。

手作りであるこのパンはひとつひとつ形も違うので、世界にたったひとつのパンを半永久的に保存できるということにも。

842b9c2e8988023d1747d2ed73626aafe01979b5

朝パン派の人は夜もパンの光に照らされることができるし、ご飯派の人も目でパンを味わうことが可能です。

0110ea381867a76c54a709ec7d3a33bff212889d

しかもこうしてお皿に盛ると、本当に食べられそう…。普通のパンに混ぜておいて、光らせてドッキリさせてからプレゼント!なんて使い方もお茶目。

D0a108d0516543a8ce608f7043e6953679b49be30f1662b6d98febb1c53659b8c29261bfcd7fe7f822607b0992e07761f858b9357d414b2ad62e53e9C026a5c90093abba27a612b506e4d57d9048e7d4

電池タイプとコンセントタイプがあって、値段は5,500円から。通販・取扱店での購入の他に、撮影備品や引き出物としての注文はこちらから受け付けているそう。パン好きなあの人に、ぜひぜひ!

Licensed material used with permission by Yukiko Morita
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
この画像を見て下さい!このちぎりパン、あなたなら食べられますか?んー! 念のため、もう一度聞きましょう。このパン、あなたはちぎれますか?目がうるんでる…。...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
なつかしの給食メニュー「揚げパン」は、不動の一番人気。ドーナツとも違う、独特の香ばしさと、全身にまとった砂糖の甘さが魅力。あの味が忘れられない、って人も多...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...