開けてびっくり!ピクニックの定番サンドはコレで決まり

ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど、唯一イケてないのが、作ってから時間が経ったサンドイッチのあの“くたびれ感”。水分を吸いすぎてフニャってたりすると、気分がた落ちですよね。

ということで、同等もしくはそれ以上のインパクトを期待してこんなサンドの提案です。具だくさん「ピクニックローフ」って、どう?

目一杯、丸パンに
具を詰め込もう!

Medium 0dea2c029fbc58027a0985cfda86d98ca9083d97

まず、用意するのはカンパーニュやヴァイツェンブロートのような丸パン。それも大きいものが作りやすい。このてっぺんをカットして、中身をくり抜きます。底を抜かないように注意!

Medium 79143bfc83e7ee55420ddbc61e2f0bb30b5a2670

切った面にオリーブオイルやマヨネーズ、バジルソースなどを塗りましょう。そこへ、トマトやレタス、ハムなど好みの具を詰め、さっき切ったてっぺんをフタとしてのせれば完成。どう、簡単でしょ?

切る直前が
最高に楽しいサンド

Medium dc17e3f2da7a024c987e2760de7b498122dc871b

パンを開けたらサンドイッチが入っている「シュープリーズ」より、断然楽チン。しかも炭水化物も少なめだし、詰めたまんま持って移動し、現地でカットも楽しそう。とにかく、みんなでワイワイがサイコーなピクニックローフ。何より、パンを丸ごと使っているので「ちょっと水分多めかな?」なんてものでも、パンが美味しく吸収してくれるんです。

とにかく冷蔵庫にあるものを片っぱしから詰め込んで、普段できないようなサンドイッチ体験、これイイんじゃない?

Licensed material used with permission by Nick & Bay, website, Facebook, Instagram
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
なつかしの給食メニュー「揚げパン」は、不動の一番人気。ドーナツとも違う、独特の香ばしさと、全身にまとった砂糖の甘さが魅力。あの味が忘れられない、って人も多...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
2014年12月、いわゆる奥渋谷にオープンした「CAMELBACK sandwich&espresso」は、店名の通りおいしいサンドイッチとエスプ...
この画像を見て下さい!このちぎりパン、あなたなら食べられますか?んー! 念のため、もう一度聞きましょう。このパン、あなたはちぎれますか?目がうるんでる…。...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
お花見、ピクニック、ガーデンパーティー。「外メシ」の機会がぐんと増えるこの時季、是非とも紹介したいギアがこちら。見た目はレトロフューチャーなのに、その中身...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
今アメリカで静かなブームとなっているのが、カンパーニュ(をはじめとする丸パン)に野菜や半熟卵、チーズ、フルーツを乗せたオープンタイプのトースト。こう聞いて...
世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...