あー。このデニム、涼しい。

素材をアップグレードしたモノってたくさんあります。これまで以上に軽くて耐久性のある繊維の開発ニュースや、新繊維を使ったアウトドアギア、スポーツウェアに目を輝かせることもしばしば。既存のものを組み合わせることで、新しい価値を生みだしたなんて話も。

テクノロジーの進化は、最初は突飛な話題として目に入ってきますが、もっと身近なところに、いつの間にか浸透しているものでもあります。たとえばコレ。

和紙糸が織り込まれた
特別涼しくて軽いデニム

00bbdd4f54b0c356cf92c42e23998f6b097fd64d

マニラ麻でできた和紙糸がヨコ糸に織り込まれている。すきまがたくさんある繊維のため、吸汗性、吸湿性、速乾性に長けているのが特徴。

写真に写っているのは「和紙デニム」。ザッと説明しちゃうと、涼しくて、軽くて、強い。

素材の特性上、乾きやすくて、蒸れにくく、実際の肌触りも爽やかで、履き心地が涼しげ。天然の消臭性や抗菌性もあり、汗をかく季節にもってこい。

デニムって、あつくなると避けがちになるアイテムだけど、できることならもっと履いていたいのもホンネ。そんなちょっとした悩みに、日本に昔からある和紙を使ったアプローチがされているというわけ。

手に持った瞬間の重さにも驚きます。めちゃくちゃ軽い!通常12.5オンス(約354グラム)あるデニムを、和紙糸を使って、同じ密度、同じつくりかたで織り込むと、重さが10.25オンス(約291グラム)になるそうで。この差は実際に手にとってみると想像以上。それだけでも体感気温を下げてくれそうなほど。

※メンズ、ウィメンズで、オンスは異なります。

水に強くて丈夫。ガシガシ洗えます。

0024499475b5ede94688aa279f76279a8cc14e49

紙だからと侮ることなかれ。洗濯機でしっかり洗えてタフに履けます。水に溶けちゃうんじゃ…なんて思いきや、いえいえ。そもそも水に溶ける紙って、トイレットペーパーくらいのものなんだとか。

1,000年以上前に作られた和紙製の書物がいまだに保管されていたり、和傘に使われていたり、じつは紙ってとても強い。その特性は生かしながら、フツーのデニムと変わらない見た目を実現しているんです。

色の落ち感もナチュラル。

17af1aba387557d09d56141793a2d3e60e9ccd9b

もちろん経年変化が楽しめます。ダメージやシルエットのバリエーションもアリ。

1e31757d1c685120c46790fdef5b5eb7c9c09e97

ノンウォッシュは、薄手ながら表面にハリがあります。質感は少しパリッとした印象も。

1314220eb9b92b1be5a5547f244ba93c2427c1ca

ここで紹介した和紙デニムは、すべて全国47都道府県に店舗があるライトオンで販売中。価格は8,900円(税抜)から。

この機能で、この見た目で、この価格。デニムにも、いつの間にか「素材革命」が起きていたんです。日本全国で手に取れるので、触ってチェックしてみて!

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
いろんな人がモバイル(携帯)しているモノを紹介するプロジェクト『ビー』によるショーツ特集です。10日間連続で1枚ずつショーツをピックアップしていきます。1...
夏の暑い日。つい畳の上でうたた寝をして、目を覚ます。締め切った障子に、庭の木々を通した木漏れ日が映っている。強い日差しが障子をきっぱりと白く見せ、優しく揺...
よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
知人の結婚や出産、卒入学の時などに、祝福の想いを込める「ご祝儀袋」。直前になってコンビニで購入なんてことになりがちですが、できるなら前もってしっかりとした...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
『On the Road』に出会い、アメリカへ向かった日本人写真家、小林昭。1969年から1974年までの6年間、カリフォルニアのヴェニスビーチを拠点にし...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
夢に何気なく出てくる数字。何の気にも止めていないかもしれません。しかし、そこには、いい・わるい両方の意味が隠されているんです。数字の1は、始まりや希望、幸...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
1日中パソコンの画面に向き合って、カチカチ…。肩はこるし、背中は痛いし、足はむくむ、といった体のトラブルは、多くのデスクワーカーに共通する悩みだと思います...