「繋げるテント」の楽しみ方。

RhinoWolf」は、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になっているので、荷物は減るし快適に過ごせそう。

でも、小さくて手軽なだけじゃないのが、このテントの面白いところ。実は上の写真、複数を「繋げて」いるのです。

いくつも繋げて
大きなテントに!

5c25468c06be750de344da105a73f6b66feedb8e

このように横にどんどん繋げて、大きなテントにすることができるんです。

7e70ea00189cd64cc6b4fa4fb086ce778cfbe561

キャンプに参加する人数は、その時々によって違うもの。だから場合によっては、丁度いい大きさのテントがないことも。でももしこれを持ち寄れたら、人数にピッタリのテントを用意できます。仕切りをジッパーで閉められるので、プライバシー面にも配慮。昼間は繋げてワイワイ、寝るときは落ち着けるようバラバラに、なんてことも可能です。

カラフルな生地が繋がった見た目も、なんだかかわいいかも。

9ceb2f9278f5df40aeb013e9dcd7b8e04dd428d1

畳んだらこの通りコンパクトに。テント+エアマットレス+寝袋の3in1で重量は2.5kgととっても軽量です。

C197d73e3dc8fc9c6a18954687e07cb12d28f293

エアーマットレスは、15回程度息を吹き込むことによって膨らませることができるそう。必要な支柱も1本で組み立てられるようになっているので、アウトドア慣れしていない人でも簡単に設置ができるという。

決して本格的なテントというわけではないけれど、これがあれば気軽にキャンプに出かけられそうだし、野外フェスでみんなで繋げても楽しいでしょうね。

F9222c75de5254d5cd8ded70270e3448d6f5b6dd

価格は299ドル(約3万3千円)で、「Indiegogo」で資金調達中です。

Licensed material used with permission by RhinoWolf
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...