寝室専用の「ぽかぽかテント」なら、自宅でキャンプ気分が味わえる

アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「これは欲しい!」と、納得するはずです。

ベッドをまるごと覆う
室内テントでぽっかぽか

スクリーンショット 2015-12-05 14.52.14

実は、このテントは室内で使うことを前提に作られたもの。それも、ご覧のとおりベッドの上にそのまま設置するものなのです。その名も「Room in Room」。室内専用なため床部がすっぽり開いちゃっているので、アウトドアでは役に立ちません。

2a6725d7978cfc2d022d6846b841c10d_original

2本の支柱を交差させて、テントの骨組みとするところまでは全く同じ。ところが、ペグで固定する代わりにこちらはベッドの四隅にテントをシーツのように引っ掛けて固定します。ナイスアイデアでしょ?

フトンの暖かさを
そのまま閉じ込める

 

スクリーンショット 2015-12-05 14.45.28

「Room in Room」は真冬の寒さから身を守り、効率的に熱量を供給するようデザインされたテント。外気を遮断しながら、内部の熱を循環させていきます。動画の実験では、テントの外と内部とで12度の気温差を計測していますが、それ以上の温度差にも対応できる、と開発した iKamperUSAは自信たっぷり。

エアコンをつければ済む話?いえいえい、冬の期間の光熱費を考えれば、先行販売価格70ドル(約8,600円)は決して高い買い物ではないのでは。

スクリーンショット 2015-12-05 14.54.19

もちろん、ぽかぽかのテント内部では、いろんなアクティビティが楽しめる仕掛けも。たとえば、ラップトップパソコンを開くのも、ベッドに直置きの必要はありません。腰や肩を痛めることなく、座ったままの姿勢で操作できるよう、調節ストラップ付き。

スクリーンショット 2015-12-05 14.54.52

こちらも、スマホやタブレットを寝そべったまま操作できる“楽チン”設計。

ベッドサイズに合わせ4段階で販売を予定しているこちらのテント。このままファウンディングで資金が貯まれば、より充実したファンクションが追加された、冬場の必須アイテムになるかも。ちょっとしたキャンプ気分も味わえる室内用テント。気になる人は、こちらから。

Licensed material used with permission by iKamperusa Inc.

普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
キャンプをしてみたいけど、道具がない、きっかけとなるキャンパーが周囲にいない……そんな人にぴったりのイベントです!『クライムオン!!2016』で楽しむ“ほ...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
キャンプは大自然の中に自分の存在そのものを溶かし込むことができる特別なアクティビティ。自然の中で呼吸することで、心も身体もそこにある新鮮な空気と一体化する...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
ここで紹介する「AQUA VILLAGE・REN VILLAGE」は、西伊豆にあるプライベートなキャンプ場。どれほどプライベートなのかというと、なんと船で...