賢いパートナーの選びかた。

賢くパートナーを選ぶ。そんなロジカルにモノゴトが上手くいかないことくらい理解しているつもりです。が、それにしたってこの動画(「The Schoool of Life」)言うに事欠いて、自分の過去とちゃんと向き合えば、素晴しい人生が開けるパートナーとの出会いが待っている、だって。

メカニズム?対処法?まあ、まずは読んでから。

ロマンチックな関係は長続きしない

96ddccc47475273f88710ea87a26456bb77edd04

ロマンチックな関係は、優しい夢のような関係です。でも、それは最初だけ。たいていの場合は長続きしませんし、たとえロマンチックな関係のまま結婚できたとしても、二人が幸せになることはほぼありません。相手のことをよく知りもせずに、相手に幻想を抱いたまま結婚するのは昔のお見合い結婚みたいですよね。

5f94edaa4c6dfb5a509e7e506578c4cfad0ea153

直感を信じろとはよく言いますが、よく考えてください。クラブやバー、ウェブで知り合った人に運命を感じ、ロマンチックな関係になり、結婚して、良い結婚生活は築けると思いますか?最初は幸せな結婚生活ができても、そのうち結婚という枠組みに苦しむようになります。まるで政略結婚させられた中世の貴族のように。

確かに、計算高くパートナーを選ぶよりも、ロマンチックな関係を築いて恋に落ちた方が良いように聞こえますよね。でも、恋に落ちるときだって、私たちは無意識に相手を選んでいるのです。その時、私たちはどのように相手を選んでいるのでしょう?

「幼少期の思い出」に
私たちは縛られている

A9282e596c63d69e31ffb6140ab8d70351688a46

どうやら、私たちは自分を理想通りに扱ってくれる人を好きになる傾向があるようです。その理想とは人によって違いますが、どれも親子関係に起因するもの。子供時代に、自分たちの親が接したように自分に接してくる人を好きになる傾向があります。それは、“親近感” が湧くから。大人になっても親の影を追っている、と言っても良いかもしれません。

75b521605f022c65bd218861de0b2ec09528426f951d54a4cb7607ebee79fe44d6eb5eaf34782d4b

例えば、子供時代にお父さんとちゃんとしたコミュニケーションを取れなかった女性が大人になって選ぶのは、彼女とちゃんとしたコミュニケーションを取らない男性。少し変に聞こえるかもしれませんが、私たちは大人になると、子供の頃の人間関係と同じようなものを自分の周りに作り出そうとするのです。

良い人がいても、反応できない

3bb57d98d37429d4bbd4a4591f69edc71c2694d1

悲しいことに、子供時代に親にひどい扱いを受けた人が運よく、誠実で信頼できる良い人に出会えたとしても、その人を拒絶しがちです。誠実で信頼できる良い人は、“良すぎる”ように感じてしまうから。今まで自分が接してきた人たちがあまりにも違いすぎて、戸惑ってしまうからではないでしょうか。

子供時代の思い出から抜け出すために

Ac6937308c2869c5026990e54711f28dd1f8bf06
悪影響を及ぼす子供時代の思い出から抜け出すためには、紙に自分の好みや恋に落ちた瞬間のことなどを書き出してみましょう。そして、それがどんな結果をもたらしたかも。

新しいカテゴリーの人を見つける

1cdd0af0ffe6c04c1a87154985cabd97ebc907ab633f2ec6a47a0c7f143ea2b1794c2f0df229fe81

私たちは、家族や子供の頃に出会った人たちと同じカテゴリーの人たちを、大人になっても求める傾向にあります。でも、一度自分の傾向を知るとそこから抜け出すこともできる。

まだ、自分が知らない新しい、そして素晴らしいカテゴリーの人たちを見つけにいきましょう。自分の子供時代の思い出にケリをつけ、それから自由になりましょう。きっと良い出会いがあなたを待っているはずだから。

Licensed material used with permission by The School of Life
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
賢い女性は、結婚できない?1980年以降に生まれたジェネレーションY世代に向けられたアメリカのニュースメディアELITE DAILYで、物議を醸している話...
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
パートナーとケンカをしてしまうことって、どうしてもありますよね。他人同士だからケンカをゼロにするのはどうしても難しい。でも、大切なのはケンカをしないことで...
ついつい気になる、12星座別の相性占い。ライターChristine Schoenwald氏が「YourTango」にまとめた記事を紹介します。中には「本当...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
恋人でも夫婦でも、誰かと付き合うというのは、責任が伴うものです。なのに他の人のことが好きになっちゃうのって、どうしてなんでしょう。そのときの実際の気持ちな...
愛のあり方のひとつとして「ポリアモリー」があります。お互い同意の元で複数の人と並行して恋愛関係になる、ということから「それって浮気OKってこと?」「誰とで...
片思いをしていると、相手に幻想を抱いてしまいがちです。よく知らない人に恋をして「なんて素晴らしい人なんだろう。付き合えば幸せになれるに違いない」なんて期待...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
恋人に不満があるけれど、今の関係を壊したくないがために、意見を飲み込むことは多いですよね。でも、無理をしてまで続ける関係って、一体どうなんでしょう?そんな...