肌の美しさと酒粕の関係って実は・・・

いま、「発酵」の力が見直されています。

味噌やぬか漬けといった日本古来の発酵食品を、日常に積極的にとりいれる人も増えてきました。特に、内側からの健康や美容を意識した女性たちに、注目されているのではないでしょうか。

今こそ知りたい発酵のコトを、「発酵美生活研究所」の山下敦子さんに教えてもらいました。

山下 敦子さん

カナダ、アメリカ滞在中に様々な国の人々と交流を深めるなかで、発酵食への感心を高める。日本独自の麹菌を使用したパン作りに魅了され、独学で天然酵母パン作りのノウハウを確立。2016年に「発酵美生活研究所」を設立し、発酵をテーマにした商品開発ならびに地方活性化プロジェクトに携わる。料理研究家、美容家、レストランシェフとのコラボ多数。

日本人にとってまちがいなく
「発酵」は大切なキーワード

C7eaa6e403ff3b7c5eaab68efebf86ccb520cf94

山下さん:日本人は日本人特有の腸内細菌叢(そう)、いわゆる腸内フローラを持っているという研究結果が、東京大学、早稲田大学の共同研究で明らかにされています。この独自の腸内環境を整えるのに一役買うのが、日本の伝統食にもある発酵食品なのです。お味噌や納豆、ぬか漬けなどですね。甘酒や酒粕も、その仲間です。

この発酵食品は、食物繊維を含む炭水化物をエサにして働く腸内細菌(善玉菌)を、たくさん含んでいることが分かっています。ただし、一定期間で排出されてしまうので、毎日コツコツ摂ることが大切ですね。

自分で栄養をつくりだす
「酵母」のパワー

Febeea4e1e6744359558a80838af8a2f40a0974e

山下さん:発酵のスゴイところはたくさんありますが、代表的なのは発酵の過程で活躍する「酵母」の魅力。酵母は生きるために限界まで栄養素を貯め込み、自ら溶けて一生を終えます。その溶け出した成分に、アミノ酸や有機酸、ビタミンなどがたっくさん含まれているのです。これが、腸内環境を良好に保つなど、私たちのからだに益をもたらしてくれるのですよ。

さきほどお話ししたとおり、酵母は体内の食物繊維などをエサにして、こうした栄養素を生み出す活動をしてくれます。

中でも酒粕は美容との相性が◎
外側からも美しさを育ててくれます

0c486433d6f5b9ba55a0669c689354911b070a23

山下さん:この酵母の力を借りれば、同じようにお肌にも栄養を与えてあげることが出来ます。酵母から分解されるアミノ酸や有機酸が、お肌を潤いのある状態に保つお手伝いをしてくれるのです。酵母を含む代表的なものが、酒粕。酒粕って、凄いパワーをもっていますね。

なんといっても美肌効果。酒粕には美白に有効とされるアルブチン、コウジ酸、フェルラ酸の3つの成分が含まれています。コウジ酸は、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑制するはたらきのほか、抗酸化作用をもつため、しわやたるみ、くすみまで改善してくれると言われています。

さらには食事とともに摂取することで、美腸効果もありますよ。豊富な食物繊維が腸内を清浄な状態に保ち、腸内細菌の栄養も与えてくれると言われています。内側からのキレイもとても大切ですよね。

発酵の力を込めた
「落とすスキンケア」という提案

84200a143437602899dacee034ebdaa63abad802

今回、発酵の魅力とともにご紹介したいのは、ホットクレンジングジェルの『yuiki(ユイキ)』。日本人の味方である「発酵」に着目し、酒粕を配合して作られたメイク落としは、山下さんも太鼓判を押すほど発酵の力をフル動員したものでした。

京都・伏見最古の酒蔵がつくる酒粕を含む
8種の発酵エキスを配合

使用している酒粕は、京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店のもの。その他にも発酵ブドウ果汁、発酵セイヨウナシ果汁、発酵ローズハチミツ、発酵ハス種子エキス、発酵セラミド、発酵ハイビスカスエキス、発酵ローヤルゼリーまでを配合。

発酵の過程で生まれたたくさんの栄養成分が、美肌へ導いてくれるでしょう。

6e66b68a2e8c99e1890895b12ceb5ca43a39555c

じんわりあたたかいホットクレンジングで
マッサージ効果も

06e5089a06e5a12ba800be0f9b705504c8771485

手にとって肌になじませると、じんわりとあたたかさが伝わります。この温感美容液ジェルでやさしくマッサージしながら、汚れを絡め取っていきます。コンニャクスクラブを配合しているので、やさしい使い心地ながらもしっかり汚れを落としてくれます。

しっとり保湿成分で角質もやわらかくなり、毛穴の奥までスッキリつるつるになりますよ。

A502b1bd499ea0c7b83ec34a35a20fe7b8082d8d

忙しい現代女性のことを考えた「1本6役」

E8174f4f6f414191c5fea97a9de67d293f28b26c

メイク落としに保湿ケア、毛穴ケア、角質ケア、マッサージケアにエイジングケアまで、1本で6役を果たすこの 『yuiki』。時短なのに、いろんなメリットが積み重ねられるのはうれしいですよね。

デリケートなお肌にも使えるように、5つのフリーも実現。石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、着色料を含んでいません。

そうそう。『yuiki』という名は、yui=「結」とiki=「粋」をあわせた言葉で、日本女性らしいやさしい輝きを身にまとってもらうことを願っているんですよ。やさしくも実力派のホットクレンジング、一度試してみませんか?

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
日本伝統の発酵食品「酒粕」にチョコレートを合わせる。こう聞くと、その味を疑う人もいるはずです。だけど仕上がりは、びっくりするほど濃厚な味わいに。美肌やデト...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
甘酒、味噌、納豆、塩麹やコンブチャ。健康と流行に敏感な人たちの間では、もはやただのブームにあらず、日常的な食品ともなった「発酵食」。しかし、そもそも発酵食...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
パン作りは発酵が手間、というイメージがあるかもしれません。そこで「春巻きの皮」を代用して、面倒な発酵作業を一切省いたベーコンエピのつくり方を紹介します。あ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...