京都340年の伝統を受け継いだ「ホットスクラブクレンジングジェル」

京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。

2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキンケアブランド「yuiki」のお披露目会が行われました。

19de6ad0bb903a68ccc58dc94f874455a34cbe81

吹き抜けの天井と張り巡らされた梁。日本家屋ならではの品格を感じる会場には、新ブランドの門出を祝い、多くの人々が集いました。

87d5788cd58e3453ef2904eee9e87575afacf39c2bcc420c7345d83d80a8ae75ac83f3f7c63fc03e

列席者には、増田德兵衞商店の看板銘柄「月の桂」と、京料理「木乃婦」の料理がふるまわれ、歓談の時間には会場のあちらこちらから、楽しそうな笑い声が聞こえていました。

伝統と現代を結ぶ
新たなスキンケアブランドが誕生

はじめに壇上に立った松本純香さんは、「yuiki」の開発を手がけるNextPageの代表。そこで語られたのは、新ブランドに込めた想いについてです。

509fd6d483d1e7003647fd1bb43d579d62b92fea

松本さん 「『yuiki』というブランド名は、『yui = 結』『iki = 粋』という意味を持っています。「結」という言葉には、人と人、人と土地、そして伝統と現代を結んでいきたいという想い。「粋」という言葉には、『生き』『息』といったポジティブなエネルギーも内包されており、日本女性らしい輝きを身にまとい「粋」な美しさを手に入れてほしいという願いを込めました」

「結」と「粋」。文字が表す意味はもちろん、凛とした言葉の響きからも、日本らしい洗練された美しさが感じられます。

A13c078c9e8e74b6d920be3d51a16a51f01d0603

ブランドを象徴するデザインにも、和の雰囲気漂う水引と「伝統美」という花言葉をもつ蓮華升麻が取り入れられていて、「伝統と現代を結ぶ」という一貫した想いが伝わってくるようです。

受け継がれる醸造発酵の技術が
現代女性の美しさにつながる

そんな「yuiki」の記念すべき第一弾の商品は、落とすケアに着目した「ホットスクラブクレンジングジェル」。唯一無二の魅力は「月の桂」の酒粕が含まれていることです。

酒粕は、発酵食品ならではの栄養にあふれていて、肌にツヤやハリを与えてくれます。

2840e2a2b241413f3fc35e5b80ab38f0583d01c6

松本さん 「発酵の力を活かしたスキンケア商品を作ろうと思ったとき、日本の伝統的な発酵食品である酒粕を使いたいと考えました。そして、増田德兵衞商店様をご紹介いただいたんです。京都・伏見でもっとも古い酒蔵ということで、『伝統と現代を結ぶ』というコンセプトにぴったりだと感じました」

「酒粕を化粧品に使いたい」という話を聞いたとき、十四代目・増田德兵衞さんは、「とても光栄なことだと思った」と語ります。

8d3b810c19aeb4ef00b8c30dc175f18c730fcd69

増田さん 「日本酒には先人の知恵がたっぷりつまっています。醸造発酵の技術は、現代のバイオテクノロジーの原点です。だからこそ今後もたくさんの可能性が広がっていくはず。伝統はただ守っていくものではなく、受け継ぎながら革新させていくものです。私たちが紡いできた日本酒の醸造発酵の伝統を、『yuiki』の化粧品はもちろん、さまざまな分野に活用していってほしいと願っています」

1000年続く都だからこそ
進化してきた技術がある

お披露目会には、京都市長である門川大作さんも列席。門川さんは、「yuiki」のような伝統と現代を結ぶ取り組みは、京都の土地柄に通ずるものがあると言います。

35f109b218848922570bd24ff63ea1dae4f8f899

門川さん 「京都という街は、1000年以上にわたって営みが続いている世界でも類を見ない都市です。だからこそ『陶器からセラミック』『花札からゲーム』と、技術がひと続きに進化してきた。『yuiki』の伝統と現代を結ぶ取り組みも、そこに通ずるところがあるような気がしています。今後もあらゆる可能性に挑戦していってほしいですね」

77167d81ea0c7256d5ebd0163058570e5ec4910d

会がお開きになるころには、集まった列席者の方々に、お土産として「ユイキ ホットスクラブクレンジングジェル」と、この日のための特別なパッケージに包まれた「純米酒 祝 磨き八割」が手渡されました。

酒粕配合のクレンジング
気になる使い心地は?

69719ff1e295fbc5c90f3e35d48a94ae9a7fc571

「ユイキ ホットスクラブクレンジングジェル」は、肌の上でとろける温感美容液ジェルと、やさしく汚れを落とすコンニャクスクラブに、思わずうっとりしてしまう使い心地。

また、酒粕エキスをはじめとする8種類の発酵エキスが、肌にハリやツヤを与えてくれるので、しっとり、するんと洗い上がります。

クレンジングしただけなのに、美容液を塗った後のような肌心地。使い続けるほどに、その効果を実感できそうです。

Ba161197f2ea07735f1f505cde954c91af91a136

スキンケアを通して伝統を紡いでいく「yuiki」。先人の知恵と、それを受け継いで起こした革新がもたらす力を、自分の肌で確かめてみてください。

フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
メントスと一緒にコーラに飛び込んでみた!?ペットボトルに入ったコーラの中にメントス数粒を一度に投入した際に急激に炭酸が気化し、泡が一気に数mの高さまで吹き...
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかな...