活字嫌いの私が、初めて一気読みした本。

かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。ずっと大切にしている“オール・タイム・フェイバリット”、ラストとなる5つめは“ショートショートの名手”・星 新一さんの名著『午後の恐竜』です。

人生でいちばん
落ち込んでいたときに

 ――最後のおすすめは、星 新一さんの『午後の恐竜』です。

むらまつえりか:星 新一さんに出会ったきっかけは、私が人生でいちばん落ち込んでいる時に友達が星 新一さんの本を3冊くらい貸してくれたんです。どれもおもしろかったんですけど、この『午後の恐竜』にいちばん感動して。

実は、もともと本を読むことが嫌いというか、活字がすごい苦手なんですね。だから映像を観たり音楽を聴いたりとか、そういう感性的なものが好きで。漫画だったら読めるんですけど、あんまり長文だと眠くなっちゃって(笑)。読書感想文の時とかも、薄い本でも読むのに1ヵ月くらいかかっちゃったり…。

08087e8736babbd61ffb24ebe52588a004ea653e

そんな私なのに、この『午後の恐竜』はもう飽きずに1日で読んでしまって。初めて一気に読んだ本ですね。

もう展開が読めなさ過ぎて、「えっ!」とか「そんな発想ある!?」みたいな驚きがたくさんありました。直接的なメッセージがあるわけではないんですけど、読むと「自分にもこういうこと、あるかも」みたいな“気づき”もあって。特に「幸運のベル」っていう話が印象的ですね。

最近おもしろかった本は
大宮エリーさん

 ――それ以来、読書体験は広がりましたか?

むらまつ:ちょっとは広がりましたね。星 新一さんの本はそれから全部買って読んで。どれもおもしろかったですけど、やっぱり『午後の恐竜』がいちばんおもしろかったです。

好き嫌いがはっきりしてるんですけど、よしもとばななさんとか谷川俊太郎さん、あと中原中也さんが好きで、詩集とかよく読んでましたね。最近買ったのは大宮エリーさんの本で、『猫のマルモ』っていう本。猫の話とカニの話と鳥の話みたいに、読みやすい短編集で。最近ではいちばんおもしろかった本ですね。

やっぱり『午後の恐竜』がオールタイムで好きな本です。表紙の絵も良いですよね、ちょっとレトロな感じが。

 ――『午後の恐竜』を読んだことで、当時の沈んでいた気持ちも少しは和らいで?

むらまつ:どうだろう…。結構、落ち込むときって後から思うとそんな大したことないじゃないですか?

その時はすごい視野が狭くなっていたので、ちょっと視野が広がって生きやすくなったかな。やる気というか、生きる気力が出てくるきっかけにはなったと思います。

前回のフェイバリットはこちら

どんなものでも、それは、だれかにとっては特別でロマンのあるもの。この世は、小さなものから大きなものまで、だれかの “フェイバリット(=好きなもの)” で溢...
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
2016年2月に公開され、わずか1ヶ月で100万回再生を突破した以下の映像。なんと、中学3年生(当時)が自主制作したものなんです。題材は、2045年の「技...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
アメリカ宇宙航空局(NASA)が公開したこのイメージ。ぽっかりドーナツ状に弧を描いた宇宙空間の穴の中に流星が突入、こんな印象を受けるかもしれない。だが実際...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...