壁の中をレントゲン写真のように見ることができる技術。しかもスマホで。

スマホ用製品の技術向上によって、顕微鏡や望遠鏡みたいなものまで販売されています。さらに開発は進み、物理的に見えなかった場所も、スマホを使って見えるようになったようです。

まあ、日本で需要があるかどうかは別の話。

だけど、アメリカでは数々のメディアから表彰されるほどの人気ぶりなんだとか。どうしても壁の向こうに見たいものがある…という話ではなくて、彼らのカルチャーが影響しているようですけどね。

最初に断っておくと、
隣人の部屋までは覗けません!

Da2eecc219b5b13bda45615d10bc83e384b7ce7c022fe9c7455a5158e056633d188873ea8c58edda702d839c9dc9b5cafa213699163f57378b472763

少し大きめの充電器のようなガジェット「WalabotDIY」。木やプラスチックなどの素材に関わらず、厚さ10cm以下であれば、壁の裏側に何があるのかを探知して、スマホ画面に映像を映し出してくれるとのこと。

429362b0d6b992ea084c0018548fecb5586691eb

ターゲット層はすごいニッチ。自分で部屋のリメイクをする人に向けて、DIYを補助する器具として売り出しているようです。

だけど、アメリカで人気の理由はこれです。なぜなら、部屋や家を改装する文化があるから。彼らにとって、配線の見えることはとても重要で、じゃないと、上のように火花が飛ぶこともあるそうです。

C08cedaccd3d71d1a3281aa69bb28e74211cb684

ここでは、よ〜く画像を見てください。ネズミが通っているのが分かるはずです。それに赤く反応していることから判断できると思いますが、壁の反対側にいる生き物の動きも感知してくれるそうですよ。

アメリカ人が暮らすのは一軒家が多いため、ネズミが出る確率が高いのかもしれません。だから、この機能も評価されるのでしょう。

ただし、壁に向かってかざしても、距離が遠い場合なら何も見えないので、使い方はよ〜くご検討を。

Licensed material used with permission by Walabot
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
以下、使い方が動画で見れます。その手軽さは驚き。針がとても小さいため、痛みをほとんど感じないそう。カートリッジは一つで3カ月ほど使用できるようです。肝心な...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
新しい自分になりたいと思っていても、何をどうしたらよいのか分からず、具体的な行動に移すことが難しいと感じていらっしゃる方も多いようです。新しい自分になるた...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...