秋の夜、仕事のあとに行きたいのは「月の海」が見える場所。

静かの海、晴れの海、雨の海、蒸気の海、それから、虹の入江なんて呼ばれる場所があるんです。正確にいうとそれは、“わたしたちが知っている海” ではないんだけれど。

平日の東京の夜、たとえば仕事のあと。恋人や大切なひとと、はるか遠くの、宇宙に浮かぶ「海」をさがす旅なんてどうでしょう? 

月には、
海があるって知っていましたか?

2c7b469440cb8f3c54452546e1ef14fcc0a33751

いわゆる「うさぎがお餅をついているように見える」と言われたりする、月の表面にある黒っぽい影。あれは、月の長い歴史のなかで幾度か起こった、星の衝突でできた傷を、玄武岩質の溶岩が埋めたあとなんです。場所によって、冒頭で紹介したような名前がそれぞれについているのだそう。(ちなみに、アポロ11号が着陸したのは「静かの海」なのだとか)

月を眺めることができる場所。もちろんどこにいたって、それを叶えることはできるかもしれません。でも、この時期だからこそ、月の海をさがす旅の出発点にしてほしい場所があるんです。 

いちばん美しい月を
世界一高いタワーから

Bffa7fe12804d5fa09d970ea0faa46a3877374ad

今年、東京スカイツリー®︎から望む月が「日本百名月」に認定されたばかり。つまりここは、“日本でもっとも美しい月がみられる場所” のひとつ。

9月と10月は、みなさんご存知のとおり、お月見の季節。スカイツリーでは、現在名月イベントを開催中。上弦の月がでる9月28日(木)、中秋の名月がでる10月4日(水)の夜に開催される「名月鑑賞会」は、この機会じゃないとなかなか触れることのできない「ビクセン(※)」の天体望遠鏡から名月を観測することができます。

先日おこなわれていた、9月6日(水)の満月の夜のイベントでは、宙ガールとして知られる篠原ともえさんと、「ビクセン」の広報担当である藤田彩香さんによるトークショーも開催され、月を愛でる楽しみについて語られる場面も。(「月の海」の話をおしえてくれたのも、じつは篠原さんなのです)

※総合光学機器メーカー

【イベント概要】

TOKYO SKYTREE® MOON LIGHT NIGHT

開催期間:2017年10月4日(水)まで。

3f2fec5260b7597c5a850e31bf59883ffc33572d

美しい日本の秋を体感し、味わう

イベント期間中、地上450メートル地点にある天望回廊を飾るのは、豊かな秋の光を演出する絵巻の装飾。夜景評論家の丸々もとお氏監修によるこの作品は、夕暮れ時から夜へと変化する、美しい秋の瞬間を体感できます。どこまでも広がるような風景に、東京にいながらにして、どこか懐かしさを思うでしょう。

また、限定の “お月見”メニューも。スカイツリーからのお月見をイメージしたプレートや、スカイツリーのライティングをイメージしたカクテルなど。ここでしか味わえない味覚は、とっておきの夜をさらに盛り上げてくれるはず。

55254a3b55b4ae00553236ff19e7b0093dc0cc2e

天望回廊 フロア445の、ウェルカムエリア。秋の宵から夜へと変化する風情を体感できる。

53e967a9d1988813d5d7264fc24db57d6044b34c

実際の竹を使用した手作りの竹灯篭。スカイツリーの模様から照らされる、温かな光。

37fa75d80fba5e499def5876156a3245bff5f0ec

館内の最高到達地点へ向かう途中、足元にも細やかな演出。

F13842f4b5045ba4e5d0d6276994682b9a8f6207

最高到達地点では、スカイツリーのシルエットが映し出された満月と、川床のお月見台をイメージした装飾が。

Ff400cfb0f24f23683fa534076ff10c1d7af36cb

スカイツリーからのお月見をイメージした「天空のお月見プレート」。

E50766a2fb6890825cbbafeb0939d788a9cfed95

スカイツリーのライティングである「幟(のぼり)」をイメージした名月カクテル。ほかに、「粋」と「雅」のメニューも。

秋の夜を
東京スカイツリーで

7b37cdb12e931f298d27a8b7210011061b6085e0
東京の夜、恋人や友達とすごす時間って、たくさん選択肢があると思うんです。でもその季節にしかない「旬」の楽しみを堪能できるのって、きっとなによりもの贅沢。
 〈わたしを月につれてって〉と歌われる曲がありますが、大切なひとと、月にある海へ旅をするように、世界一高いタワーからのお月見ができたら素敵ですよね。地球から月までの384,000kmという距離に思いを馳せ、太古から人々を照らしつづけてきた天体に、オトナになった今こそ、心をときめかせてみませんか?
Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...
外でゆっくりと風を感じながら一杯。なんていうのが心地いい季節になりましたね。そして、9月は1年の中でも最も美しい月が眺められるチャンス!しかも2日連続でい...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ツリーハウスとは、生きている樹木を土台にして建てられた建造物のこと。まあ、トム・ソーヤーみたいな冒険心は味わえるが、その喜びはつかの間。たとえ、どんなに絶...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられてい...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
三大流星群の中でも、とくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。見逃せませんよね。毎年ピークを迎えるのは、8月12日〜13日あ...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...