6万以上のいいねを集めた、ちょっと恐ろしいネイル。

以前、奇術のようなメイクをするアーティストとして紹介したDain Yoonの新作が登場した。日々、腕を磨き続ける彼女は、ついに指先にまで「顔」を施すように。

まずは、この衝撃を自身の目で確かめて欲しい。

「いいね」が
60,000件以上の話題作

23503af6954c49c42f0561e37927c169ca322e2004d2fd69dbc7112e0e5fe23504f8e49eb4bffcd3D44154e78bdf5c5e994944ecbbc318540c8acbbd

Instagramで公開したところ、6万以上のいいねがついただけではなく、4000以上のコメントがあった。「恐ろしい」や「怖い」という意見もあれば、「これぞ、芸術!」という多くの好意的な言葉も。 

5時間以上かけてネイルを仕上げた彼女はこう言っている。

これまでずっと、自分のカラダをキャンバスにしてきました。だって、世界でたった一つだけのキャンバスだもの。常に新しい芸術を追求していくつもりです!

このネイル以外にも続々と“新たな驚き”を生み出しているDain。最後に、前回の記事でも紹介していない新作メイクをどうぞ!

B5ebdaa1a224134816a88f78c5d51b223f27fefe3a9dd8dfa3c0f17100c16f60f35dfd56f3c7a9efC8a9e3e2c3df1183dda03a12a2af464520647ff6740790b4e89243ce7bde9fa7f9446c99324a31eb8e743fa5bd45f8df5f42560faf026beedcae98b2
Licensed material used with permission by Dain Yoon
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
子育てに苦労はつきものですが、とくに異性の子どもの場合、自分の幼少時代の経験が通用しないこともあり、なかなかうまく接することができないことがあります。フィ...
ネイルをしている人の指先には、やっぱり目が行きますよね。ていねいに自分で磨きあげることも、サロンでお気に入りのデザインにしてもらうにしても、結局は、自分の...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...
駅に着いてから、「家にSuica忘れちゃった!」と気づくことがあります。そんな事態も、これさえあればなくなるはず。だって、手をかざすだけで改札が通れちゃい...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
ちょっと怖いかもしれませんが、ぜひ試してみて欲しいのがコチラ。新しいアイウェアやメイクを選ぶときに、できるだけ相性の良いものを選びたい人のために開発が進め...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
人の顔がダブって見える…。わたし、疲れているのかな?なんだか、頭が混乱してきました。一度見たら忘れられない女性たちの写真は、いろんなものをごちゃ混ぜにした...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
女子と男子の間での「可愛い」の認識の違いは、よく耳にする話題のひとつですよね。たとえば、自分がすごく可愛いと思っている大切な女友達を男子に紹介したら、「期...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
気温が上がり、出番が増えてくるサンダル。ペディキュアの色にもこだわっておしゃれにファッションを楽しみたいものですが、足って頻繁に色を変えたりしませんよね。...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
Jamesさんは四児の父。それぞれ6歳、4歳、2歳、1歳の四人の娘さん、それに奥さんと一匹の犬、一匹の豚と一緒に暮らしています。そんなJamesさんがツイ...