第1位をはじめTOP20のうち、5つはドイツの都市。これ、何ランキング?

いつしか世界共通語になってしまった「KAROSHI(過労死)」を生み出した日本がランクインしないのは納得。ここで紹介するのは、「Zipjet」が公表した世界で最もストレスの低い都市TOP20。失業率、渋滞、安全性、公害、人口密度などの要素をもとに算出されたもの。

個人的には、日本人のように几帳面で勤勉な人が多いと思っていた、ある国の都市が1位になっていたことが意外だった…!

上位はヨーロッパの国ばかり

8b83fb9e19bec713d8c79e3f01a76569bf4ef2c2

1位:シュトゥットガルト(ドイツ)
2位:ルクセンブルク(ルクセンブルク)
3位:ハノーファー(ドイツ)
4位:ベルン(スイス)
5位:ミュンヘン(ドイツ)


6位:ボルドー(フランス)
7位:エジンバラ(イギリス)
8位:シドニー(オーストラリア)
9位:ハンブルク(ドイツ)
10位:グラーツ(オーストリア)


11位:チューリッヒ(スイス)
12位:シアトル(アメリカ)
13位:ウェリントン(ニュージーランド)
14位:ニーチェ(フランス)
15位:ドレスデン(ドイツ)


16位:オスロ(ノルウェー)
17位:オークランド(ニュージーランド)
18位:ヘルシンキ(フィンランド)
19位:アブダビ(UAE)
20位:メルボルン(オーストラリア)

ちなみに、大阪は66位、東京は72位。いつかTOP20に、日本の都市が連なる時がくるといいな。

Licensed material used with permission by Zipjet
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
今年も国連の世界幸福度報告書による「世界で最も幸せな国ランキング」が発表されました。このランキングは、2012年から毎年リリースされているもので、世界全体...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
Q「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」A「銀行の預金通帳だよ」by バーナード・ショー (劇作家)金は世界で一番重要なことではない。愛こそ一番重要で...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
2015年10月の初旬、「US News 」が発表した、大学ランキングが世界に衝撃を与えた。アメリカの名門校を抜いて、初めて工業研究分野で世界トップの座に...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...