完成まであと6年かかる城。そこには壮大なロマンがあった。

フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。

いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の2023年に完成予定なのだそうです。

ゲドロン城の建築には、ある1つのルールがあります。それは「13世紀の建築技術のみを使って城を完成させる」というもの。建築技術が発展した21世紀で、ほとんど手作業で作られているのです。

壮大な歴史的ロマンが詰まったゲドロン城建造プロジェクトは大きな話題を呼んでいます。

「彼らの年表」において
今は1248年のフランス

Be00aee5440e0a9d4a05ac778217088bf60de7d6

この壮大なプロジェクトを開始したのは、Michel GuyotさんとMaryline Martinさんです。

Michelさんはフランスのサン・ファルゴー城の所有者であり、その城の建築様式について研究していました。その研究の結果、現在のサン・ファルゴー城の石の壁の下には中世の赤レンガの壁があることが分かったそう。

そこでMichelさんは、中世に建てられたかつての城の姿を描き、現代に蘇らせようと考えました。

C3c9bfe0b4c97197add0b5ccc59edeea9b5282fe538b5b20123f68f655b0704a498f500ed3ba99729880b42f9b51f2e676d6bb8233b991362875de41451245e54a5ea9e630787770a8af58637eca16d6

そして始まったプロジェクトが、ゲドロン城建設プロジェクト。

Michelさんは、プロジェクトの賛同者であるMarylineと、当時のサン・ファルゴー城が建てられたのと同じ、13世紀の文書に記された技術のみを使って城を建造するというルールを取り決めました。

レンガを焼き、木材で作った機械でそれを積み上げ、必要な小道具もすべて手作業で作り上げていきます。

918547dbf71821ad9d4d91455eba3e6e97d000e0B287cd9d9667d99cd8a9e6195c5aa991e2389e7f

ゲドロン城には、架空の背景があります。

中級の封建領主Seigneur Guilbertは、1226年の反乱時に戴冠し、この土地に城を作ることに決めます。城の建築が決まったのは、1228年。ゲドロン城と名付けられた赤レンガの城は、約16年をかけて1253年に完成する予定です。

ゲドロン城の架空の年表を見ると、現在は1248年にあたります。

0e4f6c9f997407ab4c14c711c68c8eb322c49bbc8057bc1ef59f29f035b59f4c84509f34e607ef3604632255d49a067a2ba302ebd04acb61784c56df

この壮大なプロジェクトに惹かれ、年間約30万人もの観光客がゲドロン城を訪れています。

作業員は建築様式だけでなく、生活も13世紀風を貫いていて、当時の服装に身を包み、畑を耕し、家畜を育て、小麦を手作業で挽いて、手作りの釜でパンを焼いて食事をしているそう。本当は存在しない架空の13世紀フランスを訪れたような、ファンタジックな感動があります。

日常からかけ離れた空間に建てられる、架空の物語を持った中世のお城。話を聴くだけでも、そのロマンにわくわくしてしまいます。6年後の2023年…いえ、1253年の完成が楽しみです。

Licensed material used with permission by Guedelon
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
この記事で紹介するのは、ドイツのデュースブルグで作られた「砂の城」。けど、子どもの頃とはレベルが違う。なんといっても、世界記録を更新したのだとか。砂の城の...
英・ウェールズの北西にあるカーナーヴォン城で、あるインスタレーションの展示が行われました。なんと、キャンバスに選ばれたのはお城そのもの。ひとつの窓から何千...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
まさにハロウィンの最高峰。この企画を知ってしまった以上、どんなに完成度の高いコスプレも物足りなく見えてしまう。従来のハロウィンナイトにはもう心が躍らなくな...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
まるで、大きなプラモデルみたいな印象だった。動画を見ていてそう感じたのだ。だって、ほとんどの作業は手で木を組み合わせるだけ(さすがに、土台を設置する際にド...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
朝夕必ず目にする、すっかり見慣れたカラフルさ。でもこれは、地下鉄の路線図ではなく、ローマ帝国の最大領域を表した地図なのです。血管のようにくまなく張り巡らさ...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...
やる気の出し方は、人それぞれ。誰かから励まされるのがいちばん効く人もいれば、切羽詰まったら驚異の集中力を発揮する、なんて人もいるでしょう。Grant Sn...
3年かけてノアの方舟を再現した男性を知っているでしょうか。神はノアに「堕落した人類を滅ぼす」と密告し、方舟をつくれと命じたーーなんて物語のようにお告げがあ...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...