いざ描いてと言われると…意外と知らない「企業ロゴ」

街を歩いていれば、いやでも目に飛び込んでくる有名企業のブランドロゴ。多くのものが色やデザインをなるべく簡単に、けれどすぐに連想できるように計算されています。

デザイン会社「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査。私も試してみたけれど、簡単なのに全然描けないんですよ、これが日本でもよく見かける7社をピックアップしたので、チャレンジしてみて!

レベル1.
【apple】

F757d8f368f6d3ba87032e97da341a655f92154c

かじった所を左右逆にする人:20%以上
不要な葉をつける人:30%以上
ロゴを赤く塗った人:6%

簡単すぎるでしょ、って思ったかもしれないけれど、意外と間違える人多し。

<正解はコレ!>

92dd9982d146f63137fbaeee2410b15aef93184f

レベル2.
【adidas】

A67a0e8442c278206d91bd6945548a82a7e40027

「A」を大文字にしてしまう人:21%
ストライプを4つ以上にする人:11%

正確に描けた人は、たったの12%だったらしい。

<正解はコレ!>

4f1e925e1acf5483b78b0476cf72657fd68f4df0

レベル3
【IKEA】

2ccebd668847a3e10d388242b3116c110bba2ada

アメリカ人の正解率が最も高かったのは、このIKEA。30%の人が、ほぼ完全に再現できたみたい。

楕円に囲まれていること、意外と忘れませんか? 

<正解はコレ!>

72f2ad3067ab47c4cd2c1fbdf02b5c713e50387d

レベル4.
【セブンイレブン】

C7cb8a7ed293ce6ec8a0b2d7c099cfdae42a943a

Elevenと書く人:31%
7の中心ではなく、下にELEVENを書く人:56%

毎日1回は見ているだろうけれど、配色まで完璧にとなると意外と描けない。156人中、2人だけ正解でした。

<正解はコレ!>

4383707df1bb96c14c2ad126f51df978ec4027a9

レベル5.
【スターバックス】

Ca1ef8536ef8dfd0bf789a25a7ef29e4f07dc106

尾ひれを描き忘れた人:45%
ツインテールにしなかった人:55%

これは難しい。緑なのはすぐにわかるけれど、顔まで細かくとなると…

<正解はコレ!>

804a30e0be5e173de3bb7cfbedbcf0c4cc189611

レベル6.
【ドミノ・ピザ】

2c89379defb50ddb2ec67c5b028fec611bac0391

3つの点があることは正確に覚えていた人:28%
完璧に描けた人:16%

青と赤で、サイコロっぽいっていうのは間違えないんですよね〜。

<正解はコレ!>

19fe7ce7b3e445ee1ff89bc353ae5dd755ddba08

レベル7
【バーガーキング】

C4fadd873b874f344bd318b528cf839ddd3491bf

王冠をつける人:16%
古いロゴを書いてしまう人:30%以上

バーガーキングは、今まで6回ロゴを変更押しているから、昔のものを書いてしまう人が多発。日本人には、アメリカ人ほど馴染みがないでしょう。

<正解はコレ!>

6a7d7417c95f12e937283622e50483f3a141a621

ね、意外と描けなかったでしょ?

同じように日本のロゴをイメージしたとき、「松屋」や「TSUTAYA」「LAWSON」だって、改めて考えてみると結構描けそうで描けないんじゃない?

Licensed material used with permission by @signsdotcom.
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブラン...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
ブランドと商品が色々混ざってしまったけれど、なんとなくしっくりくるものも…。中身や、その効果効能に想像を巡らせてみて。汚れを落とすどころか…②これらは、フ...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
数々の有名ブランドロゴとスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。ここではそのなかから、1...
自転車移動が多いので、バッグの中にポンプは必須です。とはいえ、そうそう頻繁に使うわけじゃありません。となると、ここはファッション性重視で。僕が携帯している...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
企業で働いていれば、ついて回るのが給料と評価。かつては年功序列がほとんどだった企業でも、時代の流れとともに新しい制度を導入しつつあります。労働の対価として...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
世の中には、少なくない巨万の富を築いた者たちがいる。その多くが、一代で財を成し、その後も名を世に残す「実業家」として知られている。時代や環境のめまぐるしい...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサル...