色とロゴの相関関係(企業ブランド編)

世界には、様々な企業ブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が自らの「性格」を発信していく重要性は、ますます高まっていくのではないかと感じます。それは、企業の顔ともいうべきロゴを構成する「色」にも言及できるでしょう。

「VENNGAGE」のライターSara Mcguireによれば、多くの場合、ブランドが伝えたい性格は「色」として表現されているようです。ディズニー編に引き続き、彼女の分析を考察していきましょう。

-青-
信頼・忠誠心

E116eea1f2371f407ef8722a91849fb941bcc99e

青はよく金融系ブランドのロゴに使用されています。これは、信頼や忠誠といった価値観を顧客に伝えたいと思っているため。

そのうえ、世界トップ100社に関する研究では、そのほとんど(33%)が青を使用しているとのことです。顧客の信頼を確実にしたいと願う業界に必要なものは何があるだろう、と想像すれば当然のようにも思える結果でしょう。

1db5a387c50b4c94fdf3f5ca88b18ceebe7d8af0

青はまた、テクノロジー系の企業ロゴにもよく表れます。IBM、Bell、GE、HP、そしてIntelなどです。これらは、テクノロジー界では「ヒーロー」ともいえます。

-赤-
強さ・エネルギー・情熱

Adfaf996a9d811d403ef06b3a77331fe357f4ed6

次に人気の色は赤でした。これは「悪役の色」という概念を覆します。赤が強さ、エネルギー、そして情熱などと結びつけられることを考慮すれば、多くのブランドが赤を選ぶのも納得できます。

ロゴに赤を多く使っているのは、ファストフード業界にみられる特徴ですね。マクドナルド、ケンタッキーなどのブランドは、ワクワク感とエネルギーを醸成させたいと考えているはずです。

しかし、こちらの記事にもある通り、ファストフードのブランドが赤い看板を好むのには、科学的な証拠が多くあるとはいえません。それより、子どもの頃から行ったことのある経験から、赤に対して前向きな印象を持っているということが理由としてあるからでしょう。

-黒-
優雅さ・力・バランス
そして、スピード

C1d6d83f9c0e01de72c0bf37e3a426cf96f3eb1b

この研究では、ブランドのロゴに使用される3番目に人気の色というのが、黒またはグレー系であるということも分かりました。これは、何故なのでしょうか?もちろん悪徳業者であるアピールのためにそうしている、なんてことはありません。

複数の色彩心理学の記事によると、黒には優雅さ、力、バランスという意味もあるそうです。

自動車会社は、ロゴにグレーを用いることが多いといえます。グレーのロゴは、スマートで高級な印象を与えることができるからでしょう。

15641f74807cc3e998483f63d73aaabf96b796dc

また、黒は、プーマ、ナイキ、そしてアディダスなどスポーツ系のブランドロゴにも多用されています。それらのスポーツ系のブランドは、力やスピードといった印象を思わせる目的で黒を使っています。

こういったロゴでは白が大きな役割を果たしていることにも目を向けるべきでしょう。黒と白には、確固たるコントラストがあり、デザインをより印象的なものにします。 

しかしながら、これまでも多くの人が指摘している通り、私たちの取り組み方というのは、そのまま信じてよいものでもありません。

多くの場合、ブランドのロゴが顧客にどのように受け止められるかというのは、結局は、そのブランドの持つ特定のキャラクターをどのように伝えるのか、「色」がどのようにデザインに使われているのか、ということによるのだと思います。

もちろん、SNSでの見え方、広告の内容、店舗デザインなどのような他のマーケティング要素も、私たちがそのブランドのキャラクターをどのように受け止めるのかということに大いに関わってくるはずです。

Licensed material used with permission by Venngage Inc.
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブラン...
ブランドと商品が色々混ざってしまったけれど、なんとなくしっくりくるものも…。中身や、その効果効能に想像を巡らせてみて。汚れを落とすどころか…②これらは、フ...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
数々の有名ブランドロゴとスローガンを「STRATX」が紹介しています。その歴史を知ると、それぞれの企業の"視点"が感じられるかも。ここではそのなかから、1...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...
自転車移動が多いので、バッグの中にポンプは必須です。とはいえ、そうそう頻繁に使うわけじゃありません。となると、ここはファッション性重視で。僕が携帯している...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
「肌が黒い」という理由だけでいじめを受けたという、LAに住むKheris Rogersちゃん。最初は泣いて落ち込んでいた彼女ですが、なんと自分のブランドを...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
企業で働いていれば、ついて回るのが給料と評価。かつては年功序列がほとんどだった企業でも、時代の流れとともに新しい制度を導入しつつあります。労働の対価として...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...