幻の酒米を愛した時、人は“オマチスト”になるという

ナルシストでも、ピアニストでもない。ボタニストでもなければハルキストでもない。今回ご紹介するのは「オマチスト」、なんである。これ、「雄町」っていうお米で作った日本酒を偏愛する人たちのこと。もし今後アナタが日本酒通を語るなら、その名を知らずしてきっとそれは許されないであろう~。私も最近知ったけど。

オマチスト、増殖中

045493937a6a36dcbc7546a0a3306b64ed4767a0

「“雄町”っていう酒米を使った日本酒が試飲できるイベントがあるので、行きませんか?」

そんな連絡が先輩から来たのは、この夏のこと。雄町のことはよく知らなかったけど、日本酒がたくさん飲めるって聞いてホイホイついて行くことになったのだ。それが、「雄町サミット」というイベント。雄町を使った全国の日本酒が200銘柄ほど試飲できるようになっていて、想像以上の多さと盛り上がりを見せていた。

B55c8608ed91aa1f443443ed3c01ed0b04c36bbb6b0ef4bb8c5566ea970121e10b8aee106cf6f54b

そして会場でこんな声を耳にする。

「雄町の酒は今人気があって、それが好きな人らは“オマチスト”って呼ばれてますね〜」

何それカッコイイ。私のようなミーハーな日本酒好きとは違う、「極めた感じ」漂う呼び名…。うらやましい。ちなみにこの呼び名は、かれこれ10年ほども前からファンの間で自然発生的に誕生したものだとか。そんなわけでこの瞬間、私は初めてオマチストの存在を知った。そしてこのオマチストは今、増えているという。

雄町の酒には、
愛される理由がある

74c3b283201af53c4cda2a3fdda2e869e6a4d2c3

雄町を使った日本酒、一体何がそんなにいいというのだろう? 雄町という酒米は粒が大きく、心白(米の中心部分)が球状になっている。そのために米が柔らかく、もろみの中で溶けやすいのだとか。そうしてできる日本酒には、以下のような特長が期待できるのだ。

 

1、丸みのあるふくよかさ

2、昔の米らしい野性味

3、幅のある複雑な味わい

4、長い余韻

5、熟成で化けるうまみ

6、料理との相性が抜群

 

そして最近では、日本酒の原料である米に強いこだわりをもつ蔵元が増え、雄町の全国需要が増加。入手しづらい状況が続いた結果、なんと現在では「雄町は幻の酒米」と言われているそうで。「幻」とか、「限定」とかいうワードにめっぽう弱い人は、これ聞いただけできっと飲んでみたいと思ったはず。

 

ちなみにイベントで試飲して個人的に好きだった銘柄はこちら。

 

酔鯨 備前雄町(純米吟醸)

E4d523820d0b58ff5dd5c4ad278c9edb78ff0d88

赤磐雄町 生(純米大吟醸)

08d48a22cdea455e9c473f8a75a18e714fae9f00

風の森 無濾過無加水(純米酒)

 

C1b670069b353146bc2546e46ed696090d46ce63

来福(純米吟醸)

E8bee56e3c90b44ae863e4830b1b07d6503dcb41

どんな味わいかまで教えろとな? そんな人には、こちら。「目や耳で飲むな。」という、私の好きな飲み屋の店長の言葉を捧げたい(つまり感覚は人それぞれだから、情報を仕入れて飲んだ気にならずに、自分で確かめよ、という意味です)。 

雄町の9割が収穫されているのは
あのジーンズの県

Ba1816d047d7b0f237e074c48d6976ec2cdd2175

雄町の栽培量、実はその9割を、岡山県が占めている。有名な酒米に「山田錦」があるが、雄町はその祖先にあたるもので、150年以上も前に発見された日本最古の混血のない米。

江戸時代末期に備前の国(現岡山県)の岸本さんという人が、伯耆大山(現鳥取県西部)への参拝帰りに発見し、持ち帰って育てたのが始まりなんだとか。当時も酒造米としての評判は高かったけれど、雄町は背丈が高いため穂が倒れやすかった。加えて病害虫にも弱いため、岡山県以外での栽培はなかなか普及しなかったのだそうだ。

 

ではなぜ岡山県では、扱いづらい雄町の栽培ができたのか。それは岡山県が「晴れの国」とも呼ばれるほど気候の良い土地であったから。その瀬戸内海沿岸特有の温暖な気候と、吉井川、旭川、高梁川という三大河川がもたらす肥沃な大地は、雄町の栽培にとても適していたというわけだ。

最高の食べ合わせを知る。
これであなたもオマチスト

雄町の歴史まで知ったところで、そろそろ締め。最後に、収穫量9割の岡山県がオススメする料理との、最高の食べ合わせを紹介する。

 

1、鰆(さわら)
岡山県内で「刺身」と言えばサワラのことを指すほど、県民に愛されているのがサワラの刺身。口の中でトロけるような、濃厚で上品な味わいは雄町の酒にもピッタリ
2、ままかり
岡山の名物魚といえば、「ままかり」。あまりの旨さについ食べ過ぎて、隣家から飯(まま)を借りたということが由来となっている魚。
3、牡蠣
栄養分が豊富な岡山の海では、牡蠣が通常種付けから2~3年かかるところを1年で出荷できるサイズまで育てることができる。通称「若かき」と呼ばれ、余分な水分を含まず、熱しても身が縮まらず、濃厚で新鮮な味わい。
4、岡山ばらずし
庶民の知恵が生んだ、ハレの日に欠かせないご馳走。魚のつけ酢を配合した酢飯に具材を混ぜ込み、さらに一つひとつ味付けした具材を飾るのが特徴。成り立ちは、江戸時代に「一汁一菜」と定められた倹約令への対抗として生まれた庶民の知恵という説も

 

きっと今までは、岡山県といえば「ジーンズ」と答える人が多かったはず。でもこの記事を読んだからには、今後は岡山県といえば「雄町」と言ってみてほしい。今年の冬、鍋でもつつきながら雄町のウンチクとその個性的な味わいについてを語り、もちろん自らも心からその美味しさを愉しむことができたならもう、あなたも立派なオマチストである。

 

【 雄町のBarがやってくる! 】

岡山県がオススメするおつまみと雄町の酒が合わせて愉しめるイベントが、2018年1月25日、26日の2日間開催される。当日、チケットを購入された先着500名様には、「雄町」のお酒がさらに美味しくなる備前焼のぐい飲みをプレゼント。

 

■イベント名  備前焼で愉しむ雄町米の地酒BAR
■開催日時   2018年1月25日(木)・26日(金)、各日17:00~20:30(L.O.:20:00)
■場所 とっとり・おかやま新橋館 2階催事スペース(港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス)
■料金 チケット制 1,000円(200円×5枚、当日購入、開催期間中に限り有効)

Licensed material used with permission by 全国農業協同組合連合会岡山県本部
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。壮大な自然に囲まれていて、そこ...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。それは、ライターのLauren Kroetschさ...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
ウイスキーやブランデー、テキーラ、日本酒などの100種類を超えるお酒の中から、好きな味を3つ選んで、ソフトクリームにかける。甘口・辛口それぞれ人気トップ1...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...