「注意書きのステッカー」が魅力のミシガンラダー。

ショップのディスプレイなどでもよく使われている〈Michigan Ladder(ミシガン・ラダー)〉。100年以上の歴史ある、アメリカ最古のはしごメーカーです。

パイン材を使った無骨で、いかにもオールドアメリカンな佇まいが人気ですが、それ以上にこの注意書きのステッカーが道具としての雰囲気を醸し出しています。

ちなみに写真の私物には、合計8枚ものステッカーも貼られていました。で、この枚数とか位置とか、他の製品と見比べてみると自分のと違ったりして、結構いい加減です(笑)。

このアバウトなところが〈Michigan Ladder〉の魅力なんですね。そもそもパイン材の色だってひとつとして同じものなんてないわけで、表面もツルツルってわけじゃありません。よーくみると、僕のも購入時からエッジの部分が欠けてたりします。

ユーズドや中古加工とかじゃなくて、新品でこういった粗い味わいみたいなものを持っているプロダクトって貴重な気がします。

とりとめもない話になっちゃいましたが、とにかく〈Michigan Ladder〉の2フィート、おすすめです。

観葉植物を置いたりするのが定番ですが、電化製品を置いてもコントラストでおもしろいし、もちろん脚立としても重宝するはず。

Amazonでも楽天でも「ミシガンラダー」で、すぐに見つかります。お店に代わって言っておくと、色やステッカーの位置が商品写真と違ってもクレームナシで!!

D4055e67ec0059335477b1d41d7cde1aeb9758f0A88e30ef9644ca871c77b9ae73561a7195da0a2a964a6f87fe67ce9af52a25256a8890540c51eec4Cc04574467eb22953b7f3a0d85436fb3f8ccda879993e6075e1e30150a750f0f1e0ae379680054ad7920fb329638029053732b7e20ec32d85c76cda2

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
パソコンの充電器とか、なぜか勝手に使われてたりするよね。しかも、1度や2度じゃないでしょ?でも、しょうがない。最近増えている「フリーアドレス」のオフィスな...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
〈ALLETT(アレット)〉のナイロンウォレットは、Made in USAのハンドメイド。素材が薄くて軽い、カードが24枚収納できるなど、機能面に加えて、...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
昔から〈BIC〉ライターが好きで、タバコ屋さんへ行くと、つい手が伸びてしまうんです。アイスキャンディのような、ポップな色合いがかわいいですよね。僕は、買う...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こん...
イギリス製にこだわる僕にとってグローブといえば〈DENTS(デンツ)〉。200年以上の歴史があり、今でも手縫いで製作、英国王室御用達としてもよく知られる、...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
平日はBROMPTON、休日はSURLYのKarate Monkeyに乗ることが多いです。なので、タイヤを外すための15mmレンチは常にバッグに入れっぱな...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
日本人の憧れ、パリ。アーティスティックな雰囲気が漂い、花が咲き誇るその街並に魅了される人は少なくない。今回紹介する「In Love in Paris」は、...
季節に関係なく愛用している〈Made of Organics(メイド オブ オーガニクス)〉のケアスプレー。オーガニックなこのスプレーは、ミントとオレンジ...
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...