【未経験でもOK!】日給3万、無重力空間でのアルバイトを発見!

世の中おいしい話っていうのは、なかなかないもんで、アルバイトの世界も同じ。満足できる仕事を探すのは、結構大変だったりする。 そもそもバイトには、自宅から勤務地までの距離や交通費の有無、勤務時間やシフトの組み方など、様々な要素があり、一概に良し悪しを決めつけることはできない。働く個々の状況にもよるしネ。 でも、この募集には、老若男女誰もが惹かれるはずだ。

【勤務時間】※応募終了 2015年2月21日(土)【待遇】日給3万円※健康診断受診料として1万円を別途支給【交通費・宿泊費】全額支給(全国どこからでも!)【勤務地】無重力空間【仕事内容】無重力環境で、地上と同じように梱包やフライパン返しができるかどうか、調査レポートをすること

無重力空間を体験できて、尚かつ3万円ももらえるというおいしすぎるこのバイト。内容が突拍子もなさ過ぎて、怪しさ全開だが、じつはコレ『タウンワーク』による「激レアバイト その経験は味方だ。」というキャンペーンの一環だ。

space_00

space_01

space_02

世界中探しても、こんなスペシャルな経験ができるバイトは他にない!さすがに募集人数は2〜3名と狭き門だが、 なんてったって、無重力を体験できちゃうのだ。駄目もとでも、申し込むべきだろう。 ちなみにこのキャンペーンでは、「東京ガールズコレクション&関西コレクションでランウェイを歩く!」というバイトも同時に募集中。無重力空間には興味がないという女子は、そちらもチェックだ!

boshustop

Sponsored by タウンワーク
日本時間の2016年2月12日、米国にある観測装置「LIGO」の調査チームが「重力波」を直接観測することに成功しました。アルバート・アインシュタインによる...
1969年、アポロ11号の船長ニール・アームストロングは、人類で初めて月に降り立ちました。そこで発せられた言葉は、今に至るまで語り継がれています。「これは...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
9月22日に発売開始となった「Apple Watch Series 3」。米国でオンエアーがはじまった新Apple WatchのTVCMは、新機能を利用し...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
世界にはありえない仕事でお金をもらえる人たちがいる。ベットに眠るだけで180万円をもらえる人や、リゾートアイランドに住むだけで1000万円がもらえる人。そ...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
お金は心の余裕、というようなことをよく聞くけれど、こと「旅」に関しては必ずしもそれは当てはまらない。旅好きの冒険心は、衝動だけも十分な動機になり得る。あな...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
NASAじゃなく、吉本行きーや。とつっこんでしまうおもろ映像。41秒からは、そのアホさ加減に思わず爆!まあ、見ておもろかったら「ささった!」、おもろくなか...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
人間の脳活動の9割は、無意識での行動に使われています。無意識の使い方次第で人生が決まると言っても過言ではないのです。ここでは、拙著『無意識はいつも正しい』...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
起業家として、また世界を旅する女性ライターとして活躍するSonia Thompsonさん。周囲からは「軌道に乗ったいい人生」と思われていたようですが、本人...