エボラ出血熱の検査が、たった「15分」で済むキットがWHOにより承認

世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱への感染をたった15分でチェックできる新しい簡易検査キットを認可したと発表した。
開発はアメリカの企業「Corgenix」社によるもの。これまでもエボラ出血熱の簡易検査キットを開発する研究機関は数多く存在していたようだが、これまで認可がおりずにいた。

誰にでも扱えて
電力も要らない

今回の方法で検査を行った場合、92%の確率でウイルスを検出することができる。確率に関しては従来の方法よりも劣るようだが、これまで半日から1日かかっていた時間が15分に短縮されることで空港でのチェックなどもスピーディに行えるようになる。
また、簡易検査キットを使うにあたって、電力や専門知識が必要ないこともあり、設備が不十分な地域でも使用できると期待がされているようだ。

Reference:Corgenics
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
NBCに雇用されていたアメリカのフリーランスカメラマンがエボラ出血熱に感染していたことが分かった。フリーランサーのMukpoさん(33歳)は、NBCニュー...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあっ...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ボルネオ島でサルを上空監視?世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らな...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
バリバリ仕事ができる女性っていますよね。そういう人は一体まわりの人とどう違うのでしょうか。その特徴を知り、これを備えることを目指せば自分も仕事ができる女性...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
以下、使い方が動画で見れます。その手軽さは驚き。針がとても小さいため、痛みをほとんど感じないそう。カートリッジは一つで3カ月ほど使用できるようです。肝心な...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
これまで、両親と過ごす「残り時間」を意識したことはありますか?ここに紹介するアプリは、否が応でもそれを意識させられる、ただひとつの機能を備えたもの。でも、...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...