※応募終了 穿かなくなったデニムが大変身!リーバイス®のリメイクバッグがオシャレすぎる!【プレゼント有り】

デニムの魅力と言えば、やっぱり穿き込んだ風合いですよね。今、そのデニムならではの色落ち感や雰囲気を楽しむ方法として、古着のデニム生地を使ったリメイクアイテムが大人気! なかでも注目は、リーバイス®によるバッグ。 これ、ファッションブランドのリーバイス®が、いろんな意味で本気で作っています。

※イメージとは異なる場合がございます。

考えてみれば、デニム生地はとっても丈夫なので、バッグにするには最適。リメイクだからこそ、最初から“こなれた”感じが出ているのも、愛着が持てそう。

バッグの裏側に隠された
メッセージとは?

でも、ジーンズを作っているメーカーが、わざわざリメイクのアイテムをリリースするのって、ちょっと不思議ですよね? じつは、このバッグにはリーバイス®の地球環境に対する想いが隠されているんです。

じつはジーンズというのは、その製造過程や洗濯などで大量の水を必要としています。リーバイス®の調査によると、ジーンズ1本がそのライフタイムのなかで、必要とする水は約3,800ℓ。一方世界には、その日の飲み水にも困る子どもたちがいます。
そんな貴重な水資源の大切さを訴えようと同社が展開しているのが、「LEVI'S® FOREVER BLUE.」というプロジェクトです。 穿かなくなったジーンズをリーバイス®ストアへの店舗持ち込み、あるいは郵送で回収受付。その生地を使って、デニムバッグを作り、販売で得た収益のすべてを水問題へ取り組む国際NGO「WaterAid」へ寄付しているのです。 ちなみに、持ち込めるジーンズは、別のブランドのものでもOK。回収に協力した人は、次回の買い物で使用できる15%OFFのクーポンがもらえるという仕組みです。

また、この活動のポイントは「役目を終えたデニム生地をリサイクルする」というところ。もともとデニム生地は丈夫で、長く使えるもの。大切に長く使って欲しいという、ジーンズを発明したブランドならではの想いが込められているんです。

リメイクバッグを
プレゼント!

ここでは水問題への理解と「LEVI'S® FOREVER BLUE」の活動を少しでも多くの人に知ってもらうため、リーバイス®によるリメイクデニムバッグを15名様にプレゼントします。

boshustop

Sponsored by リーバイス®

大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
London’s Royal College of Artの学生、「Simin Qiu」さんがデザインした「水道」のアイデアが美しくてとても機能的!こんな...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
ここで紹介するのは、一見なんの変哲もないUSBスティック。が、これをパソコンに接続すると…。接続した途端、パソコンが壊れる!?USBポートに挿しこむだけで...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...