廃墟化したスタジアムで撮影された「BMXムービー」。実はライダーにとって思い出の場所だった・・・

ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった場所。様々なイベントが開催され、かつては毎週末に8万人もの人々が訪れ熱狂していたが、郊外という立地の悪さもありチームの移転が決定。後に売却されることが決まった。

その後、放置されて廃墟と化したスタジアムを、巨大なBMXのステージにしてしまったのは、デトロイトで育ったTyler Fernengel。2012年に16歳でプロになったライダーだ。小さいころからBMXやモトクロスに触れ、このドームで行われていた大会に毎年出場していた。そんな思い入れの強い場所で繰り出す様々なトリックやジャンプがコチラ。

85singo_P-20150606-00043_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00046_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00008_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00010_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_red bull 5Ryan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00044_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00015_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_red bull 16Joe Gall/Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00003_HiRes JPEG 24bit RGBJoe Gall/Red Bull Content Pool   

85singo_P-20150606-00041_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00047_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_red bull 10Ryan Fudger / Red Bull Content Pool

85singo_P-20150606-00039_HiRes JPEG 24bit RGBRyan Fudger / Red Bull Content Pool

彼が最後にシルバードームを訪れたのは9年以上前のこと。彼はRed Bullのインタビューでこんなことを語っている。

「撮影でスタジアムをを見ていたら、いろんな記憶が蘇ってきたよ。最初にここに来たのは3歳の時だ。モトクロスをやり始めた時で、父親や他の子どもと一緒にあそこに座ってたなとか、あそこにはレース用のトラックがあったなとか。全部いい思い出だ。フィールドに降りた時の感覚は、異常だったよ。昔の面影なんて全然ない。まるで戦場みたいだった」

撮影では何度も失敗し、体に青あざを沢山つくった。しかし、彼の中にあるトリックを決める秘訣はとてもシンプルだ。

「ちょっと休んでから、アドレナリンでカバーしてもう一度トライする。そのうち"どうしてもやらなきゃ"って思うようになるんだ。そして、もう一度ハンドルを握る」

その他の詳細はコチラから確認できる。

Top Photo by Ryan Fudger / Red Bull Content Pool
Reference:Red Bull(YouTube) , Red Bull(Interview)
Licensed material used with permission by Red Bull Content Pool

鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
海外でとてつもない反響を得ているムービーがある。ちびっ子がペダルのないキッズバイク「ストライダー」で通学する様子を撮影したものなのだが、実はこの少年只者で...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
アメリカンカルチャーのアイコンでもある「Route 66」は、シカゴからサンタモニカ間を結ぶ全長3,755kmの一本道。作家ジョン・スタインベックが、19...
どんな動画なのか、さっそく見てみましょう。スキーヤーの周りをこんなに接近しながら旋回して撮影するなんて、よほど高度な技術が詰まったドローンでも開発されたの...
絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。ス...