Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、もちろんクレジットカードもない状況での過酷なレース、それが「Red Bull Can You Make It」です。

レッドブルと物々交換で
ゴールを目指す所持金ゼロの旅

Medium d55a2e8a41da4708d99df0258b9d3136fe5d2f89
Photo by Olaf Pignataro/Red Bull Content Pool
Medium 14125a5a0d9924fe74c331daad1b2877ac741035
Photo by Maxime David / Red Bull Content Pool

2014年からスタートした、エナジードリンク「レッドブル」が主宰するこのプロジェクト。お金を一切持たない状況で、手持ちのレッドブル24本を物々交換しながら旅をしていくトラベルアドベンチャー。ヨーロッパの5都市(エジンバラ、バルセロナ、フィレンツェ、プラハ、ベルリン)から同時スタートし、欧州各地に設置されたチェックポイントを、最低6カ所クリアして、ゴールを目指していくというもの。ちなみに、最終目的地は、2月初旬の時点でまだ明かされていません。

ポイントは交渉術にアリ

Medium 960f869faac94be5a2508bf2f2462ae3a0a7655d
Photo by Neil Emmerson / Red Bull Content Pool
Medium a8aa62a9d4933d87bf625914dbed361e3490829b

移動、食事、宿泊に使うお金の代わりとなるのがレッドブル。このエナジードリンクを通貨として、物々交換することでしか道は切り開かれません。
移動手段はヒッチハイクが基本。レッドブル1本でどこまで走ってくれるんでしょう?

Medium f6f8049e127d401ee3b385d2308fadcb3a3ceefc

もちろん、日々のごはんもドリンクと交換です。これに応じてくれるレストランもスゴい。求められるのは、知性やサバイバル能力よりも交渉術かもしれませんね。

勝敗の分かれ道は
「いいね!」の数

たとえば、ほかのチームが車で移動するなか、セスナ機を飛ばしてもらうなんてことも、夢ではないかも!?

Medium 7fadc124db6b711f27d5e6e56d767fcc7ea82bc4

2015年に行われた同レースでの「アドベンチャー」のひとつ。パラグライダー体験なんて、いかにもレッドブルらしいアクティビティですよね。

Medium 54eafed2775bef64a1a89e9321f9e15111770327

そう、実はこのイベント、どれだけ早くゴールできたかを競うものではなく、旅行中のアドベンチャー体験が大きな審査対象。奇想天外なアイデアや得難い感動体験を、参加者はアドベンチャー中にSNSにどんどん投稿していきます。そこで獲得した「いいね!」の数も審査対象なんだとか。

Medium c47c17fc57dc4cc9cbbfbcea844d31c377d249ab

なかには、こんなツワモノも!?

日本からも参加可能!
3チーム(9人)を募集中

Medium 4e58e8a0cadae5add9228f7f9bff6d660d7bdeb1
Photo by Dirk Mathesius/Red Bull Content Pool
Medium dab2ef3e1830ac5cf8f8e5253f02880e8dd7fc70
Photo by Dirk Mathesius/Red Bull Content Pool

そして、ついにゴール!

お金をかけなくても旅はできる。そのことを証明する「Red Bull Can You Make It 2016」は、4月12日(火)〜19日(火)を予定してます。日本からも3チーム合計9人がエントリー可能。現在、こちらのサイトから応募受付中(2月15日まで)。ただし、学生であることが絶対条件。これは、最高の思い出になる!

Top Photo by Olaf Pignataro/Red Bull Content Pool
Licensed material used with permission by Red Bull Media House
ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった場所。様々なイベントが開催され、かつては...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
「Elite Daily」で、絶対一緒になってはいけない人を判断できる、9つのサインを紹介していました。そもそもこんな男とは付き合わないでしょう!というよ...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
撮影したのはカナダのフォトグラファー「Red Méthot」氏。Yahoo Parentingに掲載されたコメントによれば、自身の2人の子供も未熟児として...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
弱冠9歳のアスリート少女、ミラ・スターが成し遂げた偉業に注目が集まっています。アメリカ海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」がプロデュースする24時間耐久のエ...