とある主婦が「料理学校」に通ったら人生が変わった

西宮の人気料理サロン『Table d'or』を主宰する三好万記子さんは、もともと専業主婦でした。
旦那様の転勤でパリで暮らし、そこで出会ったレストラン文化やマルシェに触れることで、一念発起。現地の料理学校に入学したことで「文字通り人生が変わった」と言います。帰国後、自宅からスタートした料理サロンは口コミで広がり、現在は予約の取れないほどの評判に。
彼女の人生を変えた料理学校『ル・コルドン・ブルー』とは?

三好 万記子 料理家

パリで、料理学校『ル・コルドン・ブルー』の料理サティフィカを取得。帰国後、神戸校で初級・中級・上級を修了しディプロマを取得。夙川(西宮)の自宅で料理サロンを主宰するかたわら、パーティーのケータリングなども手掛け、デイリーなフレンチの提案が人気を集める。現在は株式会社ターブル・ドール(Table d’or)の代表を務め、料理サロンやケータリングに留まらず、料理家として幅広い活動を行っている。


01.「フランスで生活して、自分で作って食べるっていう当たり前のことの重要性に気づいたんです。マルシェで食材を選んで、それを調理する――そこに根ざした食に触れるうちに、本気でフレンチを学びたいと思いました」
02.「例えばマルシェに行く文化。そこには、スーパーとは違い、店主との会話や肉の部位をオーダーしてカットしてもらう楽しさがあります。また、バケットは毎朝6時に購入し、焼きたてをその日のうちに食べる。日本のように翌日食べるという感覚がないんですね」
03.「『ル・コルドン・ブルー』が、そんなパリの中でも特別な料理学校だということは知っていましたが、なんとなく自分が入学できると思ってなかったんです。でも、たまたま通っていた友人ができて、“チャレンジしてみよう”って」

パリの食文化に影響を受けたという三好さんが、選んだのが『ル・コルドン・ブルー』です。同校は、フランス料理のテクニックだけでなく、食文化そのものを学べる学校として、全世界で人気を集める学校。日本でも東京・代官山と神戸に開校しています。

04.「第一印象は、グローバルな学習環境。アジアやアメリカなどからフランスに学びに来ている人がたくさんいました。そのなかで、切磋琢磨したことが、今につながっています」

05.「講義と実習の繰り返し。そのなかで、必死でメモを取りながら味見をしていました。フランス人シェフの講義には英語通訳がいて、話はなんとなくわかるんですが、実習は通訳なしなので大変でした。毎日予習していたことを覚えています」

世界的なブランドとなっている同校だけに、留学生も多数。
三好さんが通ったパリ校だけでなく、日本校でもアジアから留学生が多数在籍しています。「異なる食文化を持つ仲間から、影響を受けることができるのも魅力です」と三好さん。

06.「もちろん、新しいテクニックも学ぶのですが、とにかく古典的なテクニックをきちんと学べたことが大きいですね。バターと生クリームの使い方なんて、フレンチの基本なのに、当時学んだことを今でも反芻することがあります。それぐらい役に立つんですね」

07.「フランス料理の素晴らしい技術。そこから生まれる味わいや旨味に触れたことで、日本料理の良さを再確認できたことも覚えています」
08.「とにかく厳しかったですね。一度目の前で自分の作ったシュー生地を捨てられたことがあります(笑)」

これらは三好さんの在学時の思い出。長い間テクニック以上に文化に触れられたことが良かったと感じていたそうですが、最近になって「当時学んだ技術がとても役立っていることに、あらためて気づいています」とも。

09.「全世界共通でカリキュラムが統一されている。神戸校でも、パリ校でも、同じことが学べるのはすごい」

三好さんが通ったのはパリ校ですが、同じことを神戸校・代官山校でも学ぶことができます。

10.「フランス語を勉強しながら、学校へ通っていた時は、がむしゃらでした。その後も、料理の仕事と家庭の両立が難しかった時期もあります。でも、なんでもプラスに考えることが大事。走り回っている自分を“大変だな”ではなく、“おもしろい”って思えれば、大抵の困難は乗り越えられます」

専業主婦から人気料理家へ。三好さんが学んだ『ル・コルドン・ブルー』のカリキュラムは決して楽なものではありません。本気で料理を学ぶ人が集まり、一流の技を磨く場所です。
でも、「だからこそ、楽しいんじゃないですか。どうせやるなら、必死にならないと!」と彼女とは笑います。
「なにより、これからはフランス料理やその食文化がもっと日本で見直されてくると感じています。利便性だけでなく、地産地消を大切にしたり、料理をする時間まで楽しむような…。とても可能性のあるジャンルだと思いますよ」

LCBJlogo 『ル・コルドン・ブルー』
1895年パリで設立されたフランス料理・菓子・パンの学校。そのネットワークは現在28ヶ国、ヨーロッパ、アジア、アメリカと全世界に広がり、日本では、東京・代官山と神戸の2校を展開。

興味がある人は、まずは下記のボタンから資料請求、メールマガジン登録を!

Sponsored by ル・コルドン・ブルー
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...