サービス加入者が「50倍」に増えたポルノサイト。その秀逸なキャンペーンが世界中で話題沸騰!

オンラインに溢れる無料のアダルトコンテンツ。そんな中で、有料のものを販売するのは至難の業…ポルノメーカー代表のMarc Dorcel氏はそんな悩みを抱えていました。

彼の会社が提供する「月額9.99ユーロの高画質アダルトビデオストリーミングサービス」にお金を払う人は年々少なくなっていました。

hands-off-1どうすれば加入者を増やすことができるのだろうか?と考えた結果、彼は広告代理店であるMercelと手を組み、あるキャンペーンを打つことに。その名も「#HandsOff」。その内容が秀逸であると話題になっています。

※以下のStepはあくまでキャンペーン内容を紹介するためのものです。実際に行う際は、自己責任でお願いします。

Step1.まずは同社の特設ウェブサイトにいきます。

hands-off-3Step2.視聴したいアダルトビデオを選びます。ある条件をクリアすれば、同社の高画質アダルトビデオが無料で見ることができます。hands-off-4Step3.その視聴条件とは、キーボードの「Q」「S」「P」「L」という4つのキーを押し続けるいうもの。そうしなければ、ビデオは再生されません。hands-off-5そう、この4つのキーは両手を使わなければ押し続けることができないのです。つまり、"あの行為"ができないというわけです(笑)。hands-off-6手を離してしまうと、画面は真っ暗になります。両手を離して視聴を続けるためには、有料サービスに加入しないといけません。

hands-off-7このキャンペーンは、TwitterやVine、Facebookなどで大きな話題となりました。hands-off-8どのようにすればお金を支払わず視聴できるか、という裏ワザを考案し、公開していく人たちも続出。例えば、指を使わず足で押すとか。(これはiPadバージョン)hands-off-9キーボードを押すための機械を、わざわざ作っちゃうとか。hands-off-11結果、DORCEL.COMへの訪問者はなんと27倍、そして有料サービスへの加入者は50倍に伸びたそうです。hands-off-12さらにそれだけでは終わりません。なんと「#HandsOff」は、世界的な広告賞である「カンヌライオンズ」の ダイレクト部門で、ゴールドを受賞したとか。

アイデア一つで大きな成果をあげた、男心を的確にくすぐる(弄ぶ!?)同社のキャンペーンには脱帽です。詳しい動画は、こちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Dorcel

カナダに本拠地を置く、有名ポルノサイトPornhub。彼らが、面白い取り組みを始めたとして話題になっています。以前にも、女性のお尻をリアルに再現した最新デ...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
急速に時代が移り変わり、暮らしが便利になっているにもかかわらず、唯一変わらないものーー。それは人が“もよおす”こと。どれだけ技術が発達しようと、この生理現...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ち...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
生のままでも十分美味しいアボカド。でも、火を通すことでトロトロの食感が引き立つんですよね。ピザや天ぷら、さらに熱々クリーミーなアボカドを楽しむには、なんと...
せっかく飲み会に誘ってもらったのに、どうしても参加できない。「なんだか、断るの申し訳ないなぁ…」なんて状況はよくあることですよね。でも、これくらいウィット...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...