小さいくせに・・・生意気なヤツだ!多機能すぎる「キャンピング・トレーラー」が登場

ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマルな作りのなかに、意外でナイスな機能が隠されているから。

では、その中身をご紹介!

コンパクトなボディ、
と思わせといて…

lifebuzz-3c031ca10c322ecb6b2319b7d02956b5-limit_2000
オーストラリアのメーカー「Gidget Retro Teardrop Camper」が製造するこのキャンピングトレーラーは、大型でガッチリした既存のそれのイメージを覆すコンパクトさがウリ。

上の画像は、車で牽引する時のサイズ。車との比較ができないので、いささか分かりにくいところは目をつぶってもらいたい。が、次の画像をみてビックリ!

lifebuzz-c88e76fc7ebf6017793f8a0df116fbf8-limit_2000

じゃ~ん!トレーラーがスライド式になっていて、中からググッと、首を伸ばすように室内が拡張する仕掛け。小さなボディながら、必要な時には大きくなるという訳。

lifebuzz-a46fc6860a45fc56bf52a7f64ea63d4f-limit_2000

4439ead8964d30d4b45ee8ca8518757d

lifebuzz-32670cbc3a7eee285d006af612fea91a-limit_2000

lifebuzz-fb796103bba6ca75e38748f48a6f1c57-limit_2000

室内の様子はこんな感じ。大人が2人で寝ても十分なスペースが確保できるそう。中にはおしゃれな天窓があり、テレビ、冷蔵庫など設備も充実。標準的なトレーラーと比較しても劣ることはないという。食器棚だってちゃんとあるから、収納スペースにも事欠かなさそう。

青空キッチンなんてどう?

lifebuzz-d0e960ddf85baedeec45948debd91c1d-limit_2000

lifebuzz-254a14defb8cff3c793de624a3098de0-limit_2000

そしてもうひとつ。「Gidget」の魅力は、トレーラー背面に設置されたキッチン。なんと屋外で料理ができてしまうってワケ。狭小スペースを活かした斬新なアイデアが、キャンパーにもウケている要因かも。

自家発電ができる
エコな設計も◎!

lifebuzz-e19bd9cedfab2db01f625b94bb8648e0-limit_2000

さらに、太陽パネルも標準装備だから、自家発電だってできてしまう。余分なスペースを極力排し、必要な機能はしっかりおさえる。室内の快適性と屋外の開放感のいいとこ取りで、しかも自然にも優しいエコなつくり。ううん、抜け目ない!

詳細は以下の動画からチェック。

お値段160万円〜
いいじゃん、手が届く!

lifebuzz-6df905b2dbec0fc5379700e56e490ff4-limit_2000

ちなみに、標準モデルの「Bondi」は、19,950オーストラリアドル。日本円にして約160万円ほどで販売されている。他のモデルや最新の情報などは、HPページで。

Licensed material used with permission by Gidget Retro Teardrop Camper

キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
このクーラーボックスなら、アウトドアでスムージーも作れて、音楽も流せちゃいます。しかも、その他にも便利な機能が盛りだくさん。驚きの機能はこちら。01.ミキ...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
トラヴィス・バークさんはおばあちゃんの古いキャンパーバンを改造して大自然を巡る旅に出ました。その息を呑むような「アメリカ」の美しさはハッキリいって超ド級!...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
荷台シートじゃん!とのツッコミが聞こえてきそうですが、ちゃんとキャンプ仕様として作られているのがこちら。写真を見ると、中は広々しています。荷台の後ろにある...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
外出先で「電子レンジがあればな〜」。こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。でもあの大きさと重さ、そして電源…車に積んでアウトドアへ持って行くにしても...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...