ボタンを押すだけで、3倍に!「小さいけど狭くない」キャンピングトレーラー

キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。
冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があったか!」と、思わず唸ってしまうような独創的なアイデアで、狭小のイメージを一掃させるキャンピングトレーラーが登場しました。

小さく運んで
ゆったりくつろぐ

まずは、こちらの映像をご覧あれ。ボタン操作ひとつで、小さなキャンピングトレーラーが左右にぐいっとスライドしていくのがお分かりですか?みるみるうちに拡大。あっという間に、くつろぎスペースができるという優れもの。その間、わずか20秒。

スクリーンショット 2015-09-21 9.18.29

 

キャンピングカーの難点である狭小性(それを良しとする声もあるでしょうが)をこの懐中望遠鏡のような独創的なデザインと斬新なアイデアで、極限まで広げ、牽引時の約3倍の広々とした室内空間が生まれます。3倍の特性を活かしたその名も「3X Caravan」。
コンパクトに折りたたまれた収納時は約4平方メートル、広がると約12平方メートルにまで拡張。畳で例えるなら、3畳以下だった部屋が約7畳ちょいのワンルームにお引越ししたようなもの。

hipster_salon-3

beauer_inter_zoom_open

「3X Caravan」のカラーバリエーションは20色。室内環境も完全カスタマイズ可能な、セミオーダー式のトレーラーです。

たたんで縮めてコンパクト
オールインワンの家具も◎

3x-2

さらに驚くことは、伸縮するにも関わらず、ダブルベッド、キッチン、トイレ、ダイニングテーブルからソファまで室内の家具はすべて備え付けだということ。

arton126

伸縮構造のトリックが上の写真。左右にスライドして伸びていく壁に沿うようにして、延長面の床が降りてくる仕掛け。ダブルベッドもソファも床と一体化しているから、縮めてもコンパクトにまとまることができるんだそう。このサイズでフル装備、これは優れものという他ありません。

3xcc_deplie_route

ちなみに、こちらは3Xの技術そのままに、取り外しも可能な作りのキャンピングカー「3XC Camper」。

日本のロードトリップが
変わるかも!?

そもそも国土も道も狭い日本。キャンピングカーやトレーラー牽引に対する認識はまだ低く、キャンプ場や、道の駅や温泉施設などに設けられた、一部のRVパーク(車中泊専用の宿泊エリア)以外では、基本的に車中泊は認められていないという事情もあります。
かたや、地続きのヨーロッパ。キャンピングカー文化も成熟しており、車内泊で観光地を巡る旅のスタイルも人気です。この伸び縮みトレーラーを製作したのも、フランス西部の街アングレームに工場を構える「BeauEr」社。現在、3X Camperはフランスでのみ販売中ですが、欧州、アメリカでの流通拡大に向け調整中だそう。

ロードトリップ好きの人たちには、日本への輸入が待ち遠しくなるニュースでは?

Licensed material used with permission by BEAUER

ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
トラヴィス・バークさんはおばあちゃんの古いキャンパーバンを改造して大自然を巡る旅に出ました。その息を呑むような「アメリカ」の美しさはハッキリいって超ド級!...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
今から3年前。ギョームとジェナは退屈に感じていたそれまでの仕事にピリオドを打ち、旅に出ることにしました。当時は借金があり、所有していたのはたくさんの家具だ...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
ハイカーやキャンパーたちのあいだで、かねてから支持者が多い「Solo Stove(ソロストーブ)」に新シリーズが登場した。それがいわゆる携行用の小型タイプ...
たまには自然の空気を味わいたい。だけどアウトドアはちょっと面倒。という人にこそオススメなのが、グラマラス(贅沢)なキャンピング体験ができる「グランピングサ...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...