3000円以下でパーティーが盛り上がる!CHANDON・夏季限定ボトル「5つの魅力」

週末、友人の家に招かれたり、屋外でBBQが開かれたりと、何かとパーティーに呼ばれる回数も増えるこのシーズン。手土産だったら何がいいかしら…? と悩むところですが、こんなスパークリングワインならハズレなしです。

shutterstock_165808862

味よし、値段よし、見た目よしと三拍子揃ってます!

01.
目にした瞬間、
ボトルのデザインに
クギ付け!

chandon_summer2015_03

この「シャンドン ブリュット サマーボトル」は、夏の海を彷彿とさせる、なんとも爽やかな青と白のストライプのボトルデザインが印象的!
いわゆる普通のワインボトルよりも、スペシャル感がアリアリ。パーティーのお土産として差し出した瞬間、みんなの目もクギ付けに!? テーブルに置いてもすごく様になりますよね。「今だけの夏限定ボトルだよ」って、堂々と自慢しちゃいましょう!

02.
パーティーフードとも好相性!
フルーツ入りの
カクテルにしても◎

iStock_000063015955_Medium

パーティーがスタートしたら、まずはキリッと冷やした「シャンドン ブリュット サマーボトル」で乾杯! フレッシュで繊細な味わいはパーティーフードとの相性も抜群です。
もちろん、ライムやラズベリーなど、フルーツを入れた涼しげなカクテルなんかにも◎。シャンドン自体に果実味があるから、フルーツともよく合うんです。
夏の乾いたノドをすっきりと潤してくれるなんともニクいヤツ。グラスを片手に、気の置けない仲間とはもちろん、知らない人同士が会話を交わすきっかけにもなりそうですよ。

03.
3,000円以下で
この充実感はなかなか
お目にかかれない!?

shutterstock_295707680

スパークリングワインといったら、そのお値段も気になるところ。パーティーに持っていくとはいえ、高級シャンパンは手が出ないし、コンビニワインじゃちょっと味気ない…。
でも、「シャンドン ブリュット サマーボトル」なら、ブドウの品種、製法も正統派でありながら、パーティーの手土産としてちょうどいいラインの2,800円(税抜き)。と、価格もこなれています。750mlとみんなで飲めるサイズ感もいいですね。ちょいと贅沢して家飲みにも使えそうです。
ワイン通も納得の味わいかつキュートなパッケージでこの価格。これほどの安定感ってほかじゃちょっと見当たらない!?

04.
えっ!シャンドンが
オーストラリア産!?

Chandon-15_HR copy

モエ・エ・シャンドンの産地といえば、フランス・シャンパーニュ地方。一方、「シャンドン ブリュット サマーボトル」はmade inオーストラリア。最も冷涼な気候で知られるワインの銘醸地ヴィクトリア州ヤラ・ヴァレーがその故郷です。
「ん?名前が似てるだけ!?」と思ったら大間違い。「シャンドン」ブランドは、モエ・エ・シャンドン社がオーストラリアに設立した直営ワイナリーで作っているワイン。だから、この価格でプレミアムなスパークワインが飲めるんですね。
さあ、その上質で繊細な飲み心地をぜひ体感してみましょう!

05.
見た目もさることながら
味はしっかり本格派

shutterstock_148456220_flutes

ここまで「シャンドン ブリュット サマーボトル」がパーティーシーンにぴったりな理由を挙げてきましたが、ボトルのインパクトに押されて、肝心の味はどうなの?と感じているのでは。
前述の通り、モエ・エ・シャンドンが運営するワイナリーで、熟練した醸造技術をきちんと踏襲してつくられています。だから、味もしっかり本格派。と、このくらいの豆知識があれば、パーティートークで使えそう!?

「シャンドン ブリュット サマーボトル」なら、パーティーやカジュアルなイベントなど、様々なシーンで活躍してくれそうです。恋人や友達へのギフトにもぴったりですね。

さあ、夏が終わらないうちに、この サマーボトルを飲んで、テンションを上げちゃいましょう!

もっと詳しい情報はこちらのFacebookページへ!

moebtn_03
全国の主要小売店にて販売中 。
取り扱いについては、各店舗へ。
MHD モエ ヘネシー ディアジオ お問合せ先/03-5217-9733

Sponsored by MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
ちびちびとシャンパンを飲むのもいいけど、グイッといきたい。そんな時にオススメのアイテムがあります。シャンパンを一気に飲めるグラス登場!アメリカ国内で発売さ...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。卒業パーティーのはずがなぜか爆買い...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...