【判明】なぜ、パイナップルを食べると口の中がチクチクするのか?

突き抜けるアロマ香と瑞々しい果実味が人気のパイナップル。反面、口にしたときのチクチク感や、いがらっぽさから敬遠する人もいます。「アレさえなければ…」というような人は、要チェック。チクチクの対処法も合わせてご紹介!

チクチクの原因は
酵素にあり

She orchestrates her mornings to the tune of coffee 

そもそも、パイナップルを食べた後のいがらっぽさ。あの原因は、パイナップルに含まれる酵素によるもの。「タンパク質分解酵素」というのが正式な呼び名のようですが、この酵素が舌の上のネバネバ粘膜、あれは、ただの唾液ではなく「タンパク質」なんだそうです。

この果実による口内の異変を調査した「Delish」は、こう分析しています。
パイナップルを口にすると、舌の上や頬の粘膜にあるタンパク質が酵素によって、徐々に溶かしてしまうんだそう。すると、タンパク質で覆われていた粘膜があらわに。これがチクチクの原因。舌が、パイナップル本来の酸味や刺激に敏感に反応し、あのチクチクがやってくるようです。人によっては、ピリピリしたり、チクチク棘を刺されているように感じる人も。
ただし、人間は、唾液から常にタンパク質が分泌されるため、食べ終わった後はまた、元通りに舌がタンパク質でカバーされるようです。

では、このパイナップルの分解酵素(ブロメライン)が体に悪いかと言えば、むしろその逆。米メリーランド大学医学部が提供する「医療ガイド」は、消化不良や炎症を抑える効果、関節痛の痛みを和らげるてくれる作用を紹介しています。こうした効能が認められ、軟膏やサプリメントとして、ブロメラインは今日広く普及されています。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

ちなみに、このタンパク質を分解する働きは、普段から口にしている料理にも、広く応用されているもの。
例えば、「酢豚」のパイナップルも、豚肉を酵素が柔らかくしてくれる役割。ヨーグルトにお肉を一晩漬けておくだけでも、肉質が柔らかくなりますよね。あれだって酵素のおかげ。豚の生姜焼き、塩糀につけたり西京焼にする魚、これらすべて、食物に含まれているタンパク質分解酵素が、肉や魚を柔らかくするよう働きかけているからなのです。

チクチク対処法はコレ!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

あのチクチクした感じが「嫌い」という人に朗報。「LIVESTRONG.COM」で、あのチクチクを避ける簡単な方法が紹介されていました。記事によれば、チクチクの原因となるブロメラインを避ける最善の道は、完熟したパイナップルを食すこと。じつに単純!でも、この1点に尽きるそう。つまり、房に近い部分の皮にまだ、薄い緑色が残っているようならば、チクチクの可能性あり、ということ。
ちなみに、パイナップルは追熟しないので、購入時いい香りがするモノを選ぶか、緑色が残っていないものを選ぶこと。あの刺激にお悩みの方は、一度試してみては?

Reference:Delish,  LIVESTRONG.COM , University of Maryland Medical Center

 

グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。な...
「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言わ...
「Natural News」でパイナップルが咳の緩和にいい、といった内容の記事が掲載されていたので紹介します。インドで行われた調査では、パイナップルに含ま...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
効果的に栄養素を摂取するために覚えておきたいのが「食べ合わせ」。健康的な食生活が送れるだけでなく、生活習慣病の予防にもなるでしょう。ここでは、米国ジョージ...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
病院に行くほどでもないけど、日常的に起こる「体調不良」ってありますよね。腹痛や食欲不振などなど…。もちろん市販の薬に頼るのもいいのですが、食生活で改善して...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
炒め物や肉詰めなど、ピーマンの独特の苦味はお肉との相性が抜群です。でも、意外と1回では使い切れず、そのままダメにしてしまうことも…。そこで試してみてほしい...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
「食べ物は残さず食べましょう!」なんて言いますが、健康のためにも時には「食べない」という選択も必要です。私たちの身近な食材の中で、食べないほうがいいモノを...