パイナップル × ごはんが食べるほどクセになる「タイ風炊き込みごはん」

グリーンカレーにガパオにトムヤムクン、日本でもおなじみのタイ料理ですが、これらと同じくらい現地の人々が日常的に口にしているのが「カオオップサパロット」。なんとも舌を噛みそうな名前ですが、パイナップルを入れた炊き込みゴハンのこと。

それを簡単にアレンジするために炊飯器を活用します。パイナップルの甘さが…なんて言っている人にこそ食べてもらいたい料理です。

立ちのぼる香りは
タイの台所そのもの

580ae4716dcfd4e65c5d8d63ec534af2dc49cd3d

〈材料〉

・米:1合分(150g)
・水:150ml
・こしょう:適量
・パクチー:適量
・ピーナッツ:適量
・サラダ油:小さじ1

・A玉ねぎ:1/6個
・Aピーマン:1個
・Aむきえび:6匹
・Aパイナップル缶詰(スライス):2枚
・Aレーズン:10g
・Aナンプラー:大さじ1
・Aおろしにんにく:小さじ1/2

〈作り方〉

お米を研いで水を加えて30分おくところまでは普段の炊飯と一緒。玉ねぎ、ピーマン、ピーナッツはみじん切りに。主役のパイナップルはひと口サイズに切って、それぞれ炊飯器の中へ。お好みで添えるパクチーはざく切りに。

炊飯器にAの具材を加えて混ぜてから炊きます。炊き上がったらこしょうを加え、味をみて塩気が足りないようならば、ナンプラーで味を調えましょう。

B25480ef8d2f5b19b71a1810e8bde8647fff54f8

パイナップルが入ると、とたんに「甘いんでしょ…」というふうに思われがちですが、じつは甘さよりもフルーティな果実香が際立ち、エキゾチックで表現豊かな味わいを演出してくれるのがパイナップルなんです。意外なおいしさに舌が驚くはず。

自宅にいながらにしてタイの香りに誘われる、そんな料理も炊飯器があればちゃっちゃと作れてしまうんですから。

外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
ファミレスの定番メニューのひとつとして、日本人の舌にも受け入れられた米ケイジャン料理の「ジャンバラヤ」。でもこれ、ピラフなのか炊き込みごはんなのかイマイチ...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
突き抜けるアロマ香と瑞々しい果実味が人気のパイナップル。反面、口にしたときのチクチク感や、いがらっぽさから敬遠する人もいます。「アレさえなければ…」という...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言わ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ...
ヘルシンキ在住のAnni Kraviさんは、ビジネススクールを卒業したばかりの20代の女の子。Instagramに日々アップされる彼女のヘルシーレシピは、...
集中力が続かない、あがり症、などのメンタルに関する悩みを持つ人は多いはずです。意外なことに、部屋を片付けられない原因もカラダに蓄積している「毒素」によるも...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...