世界の朝ごはんを食べよう。9〜10月は遊牧民の食文化が味わえる「モンゴル」!

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。

その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒントがギュッと詰まった料理を、期間ごとにテーマとなる国を変えて提供しています。9月6日から新たに始まるテーマは、「モンゴル」!

朝ごはんで旅しよう
モンゴルの国民食を体験

5d1434cb03c0ed1118f5e5c9da67b1c9d194fcae

さて、まずはどんな国だったかをおさらいしてみましょう。思い浮かぶのは、大草原に暮らす遊牧民の姿でしょうか。日本の4倍ある広大な国土に、300万人ほどの人々が暮らしており、世界で最も人口密度が低い国としても知られています。

もともとは移動式の住居「ゲル」に住み、大地を傷つける野菜を作らず、夏は「赤い食べ物(肉)」や、冬は「白い食べ物(乳製品)」を食べていました。つまり、家畜に頼った食文化です。

その後、外国から小麦粉が入り、1924年に社会主義国として中国から独立した後、ソ連の食文化の影響で野菜やマヨネーズを食べるようにも。

9月と10月のワールド・ブレックファスト・オールデイでは、そんなモンゴルを朝ごはんで旅する絶好のチャンス。一体どんな料理が味わえるのか、チェックしてみて。

濃厚な乳製品と揚げドーナツ
塩茹で肉やスープなどなど

10f83a2c3a570abbd4f1903275e5a81f51136827

同国には、家畜のミルクをそのまま飲まずに、乳製品を作って保存食にする文化があります。

搾りたてのミルクで作ったクロテッドクリームのように濃厚な「ウルム」を、揚げドーナツのような「ボルツォク」につけて食べるのが朝ごはんのご馳走で、ソ連から入ってきたポテトサラダ「トムスニーサラート」も定番。

モンゴル式のミルクティー「スーテーツァイ」に、チーズや無発酵の薄焼きパン「ガンビル」を浸して食べたり、夜ごはんには羊の骨付肉を塩茹でした「チャナサン・マフ」や、その残った肉を「ガンビル」と一緒に食べるのも一般的。

栄養満点の果実ジュースや、スープなどのサイドメニュー、デザートも多数用意されているみたい。会期中はモンゴルに関するワークショップなどイベントも開催予定。この機会に、ぜひその文化を体験してみましょう!

【概要】

■店名
WORLD BREAKFAST ALLDAY

■期間(モンゴルの朝ごはん)
9/6(火)〜10/30(日)

■住所
東京都渋谷区神宮前3-1-23-1F

■電話
03-3401-0815

■営業時間
7:30 - 20:00(ラストオーダー19:30) 

■予約
コチラから

Licensed material used with permission by WORLD BREAKFAST ALLDAY
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
朝ごはんは人間にとって必要かそうでないのか。これまで幾度となくなされてきたこの議論。結局のところ、それぞれの食習慣やライフスタイル次第というところに帰結す...
食べて・旅して・アップして。世界中を旅しながら、各地を代表する味覚に出会い、写真に撮って美味しくいただく。まるで女子旅のお手本のようなインスタグラマーGi...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...